初正月のお祝いのお返しはいつまで?内祝いの金額の相場や表書きは?

初正月

赤ちゃんが初めて迎えるお正月を「初正月」といいます。

「初正月」には両親、親戚、友人からお祝いを頂く場合があります。

では、初正月のお祝いを頂いた場合、お返しは必要なのでしょうか?

必要ならばお返しはいつまでにすればいいのか、内祝いの金額の相場や表書き、どんな内祝いがいいのかなどを紹介します。



スポンサードリンク


「初正月」のお祝いのお返しは必要?

初正月のお祝いを頂いた場合お祝いのお返しは必要ないと言われています。

破魔弓や羽子板を頂いた場合、頂いた品物と一緒に写した赤ちゃんの写真を添えてお礼状を送ったり、近くであればお礼を言いに出向いたりする程度でいいようです。

しかし、どうも気が引ける…と思われるなら、「内祝い」として返されたら良いでしょう。


では、お返しはいつまでにしたほうがいいのでしょうか?




「初正月」のお祝いのお返しはいつまでにする?

はっきり言って、「初正月」のお祝いのお返しはいつまでにという決まりはないようです。

だからといって、忘れたころにお返しが届けられても受け取ったほうはビックリしてしまいますよね。

やはり、早めにお返しをするという思いでいましょう。




お返しの金額の相場は?

お返しの金額の相場というのはないようです。

一般的にお返しは頂いた額の半分~1/3程度といわれていますが、破魔弓や羽子板を頂いた場合、金額が不明なので困ってしまいますよね。

大体、破魔弓や羽子板の金額は 2万円~のものが多いので、1万円前後のお返しを考えたらいいと思われます。




内祝いの表書きはどう書く?

のし紙
初正月のお返しには、紅白の花結びの水引ののし紙を使いましょう。

表書きは、
水引の上側に「内祝い」
水引の下側に「赤ちゃんの名前」
を書きます。



スポンサードリンク


お返しは何がいい?

では、実際にお返しはどんなものがよいのでしょうか?

両親から破魔弓や羽子板などの高級な飾り物を頂いた場合









親戚・友人









初正月のお祝いの仕方!金額の相場や表書きは?男の子と女の子に違いが!


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ