愛してたって秘密はある黎の母親と爽の父親の関係と過去について

2017年7月期ドラマ「愛してたって、秘密はある。」

毎回謎が深まるばかりで、誰もが怪しくて全く予想がつかないドラマです。

ドラマの中で、黎の母親と爽の父親は過去に何かあったんじゃない!?と思わせるような展開があったんです。

登場人物みんな怪しいのですが今回は主人公・黎の母親と爽の父親の関係と過去を予想してみました。

「愛してたって秘密はある」あらすじ・キャスト・原作について



スポンサードリンク


黎の母親と爽の父親の関係と過去

主人公・奥森黎(福士蒼汰)の母親・奥森晶子(鈴木保奈美)と黎の婚約者・立花爽(川口春奈)の父親・立花弘晃(遠藤憲一)。


頑なに、娘・爽の結婚に反対している父親。

「あの男は信用できない」と言い、爽の話に耳を傾けようともしない。

初めはただただ可愛い娘を嫁にやるのが嫌な一般的な父親かと思っていました。

しかし、「奥森黎に関する調査報告書」を作成し身辺調査。まぁこれも普通の父親でもあることかもしれませんが、異常なまでに反対しているのが気になります。



一方、ただただ黎の幸せだけを望んでいる普通の母親のように見える黎の母親・晶子。



この2人、黎の母親・晶子と爽の父親・弘晃の関係が何やら怪しいんです。

どうやら、過去に何かあったんじゃないかと思うんです。



というのも…

晶子は、爽から父親が 検事の立花弘晃 だと聞いた時、激しく動揺。

その後晶子と弘晃は2人で喫茶店で会っています。

「会っていただけないかと思いました」と謎めいた言葉を発した晶子。どうやら晶子が弘晃を呼び出したようですね。

そして、黎がいい子に育ったこと。爽のこともいい子だと弘晃に話し、「知らない方がいいこともあります」とこれまた謎の言葉を発し、「これから末永くよろしくお願いします」と言い、お店を出ていきました。

この経緯をみると、晶子が弘晃の弱みを握っているようにも感じました。

何か2人には過去に秘密の出来事があり、そのことについて晶子が誰にも口外しない方が、誰も知らない方がいいということを弘晃に念を押したように思います。

そして、「これから末永くよろしくお願いします」という言葉には黎と爽が結婚し、親戚として末永くよろしくお願いします…ということではないでしょうか?



その後、爽の父親が急に食事会に行くと言い出します。

あれだけ食事会を拒んでいた爽の父親が、急に食事会に行くと言い出したのは、晶子に会ったことが原因だと思われます。



スポンサードリンク


黎の母親と爽の父親の関係は、今のところ不明ですが、過去に何か関係があったことは確かだと思います。

多くの視聴者も

・黎の母親と爽の父親はかつて恋人関係
・黎の母親と爽の父親の間で過去になんかあったな!
・爽の父親と黎の母親は なにかつながりがあるのか?

など、やはり過去に何か関係があったな!と思っている人が多いようです。


個人的には、

・実は黎の父親は弘晃だった

・晶子が務めている病院での事件に検事という立場で弘晃が関わっている

と予想しました。



ドラマ「愛してたって秘密はある」黎の母親と爽の父親の関係だけでなく、みんなが何かしら秘密があって、とても怪しい登場人物ばかりのようです。

女子高生・果凛(かりん)の正体は?

爽の嘘と写真の秘密について

2007年9月3日の真相と爽の兄との関係を予想

犯人予想!5人の人物が怪しすぎる!


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ