愛してたって秘密はある女子高生・果凛(かりん)の正体は?

2017年7月期ドラマ「愛してたって、秘密はある。」

俳優・福士蒼汰さんが初めての殺人犯役ということで注目されていたドラマ。

1話目から、登場人物全員が怪しすぎて謎ばかり…。

福士蒼汰さんが演じる主人公・奥森黎(おくもりれい)と、鈴木保奈美さんが演じる黎の母・奥森晶子(おくもりしょうこ)しかしらない秘密…。


黎は中学生の頃に父親からのDVから母親を守るため、父親を殺害してしまいます。

このことが、黎と晶子だけの秘密でした。

黎は誰とも深く関わることなく生きてきたのですが、爽と出会い恋に落ち、結婚を決意。

その以降、黎の身の回りで不可解な出来事が起こり始めたんです。

誰がどう絡んでいるのか、どういう関係なのか色々と予想するのですが、まだまだ真相は見えてきません。

そんな「愛してたって秘密はある」のキャストの1人女子高生・果凛(かりん)が怪しすぎて怖すぎてとても気になる存在です。

「愛してたって秘密はある」の女子高生・果凛の正体を予想してみました。



スポンサードリンク


「愛してたって秘密はある」女子高生・果凛

福士蒼汰さんが演じる黎の前に突然現れる、女子高生・果凛

浦西果凛(うらにしかりん)、横浜市内の女子校に通う高校生で、高校受験の時に黎が家庭教師をしていたようです。

なので黎にとても親しげに話しかけ、いや、図々しいぐらいに馴れ馴れしい。

個人的には、ちょっと受け付けないな…と思ってしまいました。



ドラマが進むにつれ、果凛が黎のことを好きだということがわかってきました。

女子高生が家庭教師を好きになる…程度なら、まだ可愛いもんです。

徐々に果凛が怪しい存在になってきたんです。

黎に片思いしているただの可愛い女子高生って感じじゃないんです。




果凛の正体を予想してみた!

とても怪しい女子校生・果凛に関して現在(第4話まで)わかっていることは…

・以前、黎に家庭教師をやってもらっていた女子高生
・黎のことが好き
・黎と爽の結婚に反対
・こっそりと黎と爽の会話を聞いている
・爽の部屋の玄関扉に黎の戸籍謄本を挟んだ
・2年前、黎の家の鍵を盗んだ
・虎太郎に接近し、爽の弱点・写真を手に入れた

黎のことが好きで結婚に反対している果凛。

なかなかの行動力ですよね。

しかし、果凛は黎の秘密のことは知らないと予想します。

ただただ大好きな黎が結婚してしまうのが嫌で、黎と爽の仲を裂こうしているのだと思います。



爽の部屋の玄関扉に黎の戸籍謄本が挟んであったのにはビックリしましたが、果凛の仕業でした。

「もしかして彼女、黎ちゃんのお父さんのこと知らないのかなぁと思って…ちょっと意地悪してみたくなったの」って言っていた果凛。

やはり、黎と爽が破局するようなきっかけを作っているように思います。


爽に対しても、
「結婚するのに他の男の人とデートしてるんだ」
「結婚するのにそんなことも聞いてないんだ」
「黎ちゃんのこと、な~んも知らないんですね」

などと、挑発的な言葉を発していた果凛。



そして、第4話では黎に向かって「彼女が羨ましいなぁ…嘘つきのくせに黎ちゃんに愛されて」と言っています。

さらに、虎太郎に接近し爽の弱点・写真を手に入れている果凛。

爽に関しての秘密を握っているようなので、まだまだ果凛の嫌がらせ(?)は続きそうですね。


爽の嘘と写真の秘密について

犯人を予想!5人の人物が怪しすぎる!



スポンサードリンク


果凛を演じている女優は誰?

怪しい女子高生・かりんを演じているのは、吉川愛という女優さんです。

たぶん、「この子どこかで見たことある!」っていう視聴者が多いのではないでしょうか?

吉川愛さんは3歳の頃に芸能界入りし、「吉田里琴(よしだ りこ)」という名前で多くのドラマに出演していたんですよ。

吉川愛が愛してたって秘密はあるに出演!吉田里琴であまちゃんにも!


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ