舞立昇治の経歴やプロフィール紹介!出身大学や結婚してるのか気になる!

鳥取県選出の参議院議員の舞立昇治さん。

舞立昇治さんの経歴やプロフィール、出身大学や結婚について紹介します。



スポンサードリンク


舞立昇治 プロフィール

名前:舞立昇治(まいたちしょうじ)

生年月日:昭和50年8月13日

出生地:鳥取県西伯郡日吉津村

好きなスポーツ:サッカー、ラグビーなど球技全般

趣味:映画鑑賞、読書

座右の銘:
 為せば成る。為さねば 成らぬ何事も
  成らぬは人の為さぬなりけり




舞立昇治の経歴

1999年 自治省(現:総務省)入省
2001年 厚生労働省介護保険課
2003年 総務省市町村税課
2004年 総務省大臣官房企画課
2005年 山口県下関市財政部長
2007年 新潟県地域政策課長兼雪対策室長
2009年 同財政課長
2011年 消防庁消防・救急課
2012年 総務省公営企業課兼準公営企業室
2013年 第23回参議院議員通常選挙において鳥取県選挙区より自民党公認で初当選
2018年 内閣府大臣政務官



スポンサードリンク





舞立昇治 出身大学

1999年、東京大学経済学部卒業の舞立昇治さん。

日吉津小学校卒業
箕蚊屋中学校卒業
鳥取県立米子東高等学校卒業


そもそも、勉強よりも体を動かすことの方が好きだったという舞立昇治さん。

高校進学を考えなくてはならない頃、偶然NHKの特集番組「日本を動かす官僚たち」といったような番組を目にし、すごい人たちがいるもんだと思ったそうです。

そして父親にこういう人たちになるにはどうしたらいいのか尋ねると、東大に入るのがいいだろう と言われ東大を目指すことにしたのだという。

高校時代は勉強漬けの日々だった舞立昇治さん。

今まであまり勉強をしていなかったので、体を壊してしまうこともあり、本当に東大合格できるのだろうかと不安だったそうです。

そして晴れて東大合格!

今までのうっぷんを晴らすかのように、東大在学中はラグビー漬け。

友達が増え、日本の広さ、世の中の広さを実感し民間もいいかも…と思ったこともあったとのこと。

勉強をやってないなぁとふと気付き、大学最後の1年間は勉強に打ち込み始め、最初の道を貫いてみようかみたいな感じで大学卒業後は自治省に入省となりました。




舞立昇治 結婚は?

奥様と子供3人の5人家族の舞立昇治さん。


奥さんとの出会いは福岡県庁出向時。

奥様は下関市役所にお勤めでした。

舞立昇治さんの先輩が開いてくれた飲み会で出会ったそうです。

東京に戻ってからは遠距離恋愛。

ある時、実家に帰省していた舞立昇治さんは奥様と食事の約束をしたそうです。

これが初デートだったようですよ。

ところが約束の時間にかなり遅れてしまった舞立昇治さん。

しかし奥様は、優しく怒らず対応してくれたとのこと。

結婚したのは約2年後だったそうです。




まとめ

鳥取県に住所を置く唯一の参議院議員・舞立昇治さん。

人口が少ないとの理由だけで弱い地方は切り捨てられ、国政における地方の発言力・影響力は小さくなるばかり。

早期の合区解消のため

43歳(2019年7月時点)という若い力に期待したい舞立昇治さんです。


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ