ホワイトデーのお返しの意味!【マドレーヌ・パウンドケーキ】

3月14日、ホワイトデー。

バレンタインデーにチョコレートをもらったお返しをする日なんですが、何をお返しするのか決まりましたか?

店頭にはホワイトデー用のお菓子もたくさん並べられ、何がいいのか本当に迷ってしまいますよね。

個人的にはマドレーヌやパウンドケーキのような焼き菓子が好きなので、マドレーヌやパウンドケーキをお返ししてほしいものです(笑)

ところで、ホワイトデーのお返しの様々なお菓子達には、それぞれ意味があるってご存知でしたか?

今回は、マドレーヌやパウンドケーキのホワイトデーのお返しの意味を紹介しますね。



スポンサードリンク


ホワイトデーのお返し【マドレーヌ】の意味!



フランス発祥の焼き菓子マドレーヌ



ホワイトデー お返し 意味 マドレーヌ パウンドケーキ

バター、小麦粉、卵、砂糖、ベーキングパウダーといった材料を混ぜ合わせて型に入れオーブンで焼くだけのお菓子なので、子供の頃からよく作っていました。

そのためでしょうか、親しみを感じる手軽な焼き菓子といったイメージがあります。



ホワイトデーのお返しとしてマドレーヌを選んだ場合マドレーヌには 「きみともっと仲良くなりたい」 といった意味があるのだそうです。

あらあら、良いではないでしょうか…。



日本では、昔から貝の中でも二枚貝は縁起の良いものと言われています。

桃の節句のお祝いの席のお吸い物に使われる「はまぐり」。

はまぐりは対になっている貝殻でなければピッタリと合うことが出来ないことから「仲の良い夫婦」を表し、「縁起が良い」とされています。

そのため貝の形をしているマドレーヌは「きみともっと仲良くなりたい」という意味なんだそうですよ。



スポンサードリンク


ホワイトデーのお返し【パウンドケーキ】の意味!



ホワイトデーにパウンドケーキってあまり聞いたことがないのですが、個人的には嬉しいですね(笑)



ホワイトデー お返し 意味 マドレーヌ パウンドケーキ



ところでホワイトデーのお返しとしてパウンドケーキを選んだ場合どんな意味があるのでしょうか?

実は、パウンドケーキには「意味がない」のだそうですよ。

ちなみに、ケーキもチョコレートも特に深い意味はないそうです。



パウンドケーキは小麦粉、バター、砂糖、卵を混ぜ合わせて焼くだけのお菓子です。

先ほどのマドレーヌも材料を混ぜ合わせて焼くだけのお菓子でしたね。

なので、ホワイトデーのお返しに手作りのマドレーヌやパウンドケーキってどうでしょうかね?



「えっ!手作り!?すごい!嬉しい!(^_^)」 

とすごく喜んでくれるような相手なら手作りに挑戦してみてもいいかもしれませんね。


しかしお返しする相手によっては、

「えっ!?手作り…私より上手かも…(T_T)」となりかねませんし、

「えっ!何で手作り?キモイ…(ーー;)」ともなりかねません。



手作りする場合はお返しする相手の性格を把握してからのほうがよさそうですね。




まとめ



今回は、マドレーヌとパウンドケーキの意味を紹介しました。

マドレーヌ:きみともっと仲良くなりたい

パウンドケーキ:意味がない


その他のお菓子についても意味があるようです。

ちょっと確認しておいたほうがいいかもしれませんよ…。

ホワイトデーのお返しの意味!【飴・マシュマロ・マカロン】

ホワイトデーのお返しの意味!【チョコレート・キャラメル】

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ