大原洋人(サーフィン)東京五輪で注目選手!wikiや身長や実力について

2020年東京五輪の追加競技でサーフィンが初開催されることが決定しました。

そのことにより、19歳のプロサーファー大原洋人選手が注目されています。

大原洋人選手のwikiや身長、実力について紹介します。




スポンサードリンク


大原洋人選手のwiki・プロフィール

生年月日:1996年11月14日

出身地:千葉県長生郡一宮町

身長:162cm

体重:62kg

出身校:明聖高等学校通信コース卒業



現在19歳の大原洋人選手。

大原洋人選手の父親の趣味はサーフィン。

サーフィンに夢中の父親は20年ほど前に都内から千葉県へサーフィン移住してしまうほどだったそうです。

そんな父親を持つ大原洋人選手は生まれた頃から、サーフィンは身近な存在だったのでしょうね。

小学2年生、8歳の頃にサーフィンを始めた大原洋人選手は、学校行く前にサーフィン、帰ってきてもサーフィンというような生活だったそうです。




大原洋人選手の身長

身長162cmと小柄な大原洋人選手。

身長が高く、手足の長い海外のサーフィン選手と比べると、ダイナミックさやパワフルさで勝ち目がないと思われますが、大原洋人選手は体格の良い外国人選手に負けないダイナミックな技の持ち主なんです。

身長が低い大原洋人選手は高度な技で、外国人選手相手に戦っています。



スポンサードリンク


大原洋人選手の実力

8歳でサーフィンを始めた大原洋人選手。

趣味がサーフィンという父親の影響もあってか、幼い頃からサーフィン漬けの毎日で、家族全員で大原洋人選手を支えていました。

そんな大原洋人選手は2015年に開催された「Vans US Open Of Surfing」で優勝を果たしています。

「Vans US Open Of Surfing」は世界トップレベルの大会。

今まで日本人サーファーが全く手が届かなかった優勝という二文字を、当時18歳の大原洋人選手が手に入れたんです。

世界に日本人サーファー大原洋人の名前が知れ渡った大会でした。

「Vans US Open Of Surfing」優勝の詳細はこちらから
Vans US Open Of Surfing




大原洋人 サーフィン初開催の東京五輪で注目選手!

2015年「Vans US Open Of Surfing」で優勝した大原洋人選手。

2020年開催の東京オリンピックでサーフィンが追加競技に決定し、注目選手となっています。

東京オリンピック出場は、大原洋人選手だけでなく、大原洋人選手の家族の夢でもあります。

さらに東京オリンピック、サーフィンの開催候補地に大原洋人選手の地元の“千葉県一宮町”が挙がっています。

東京オリンピックに出場が決定し、地元の千葉県一宮町での開催となれば、大原洋人選手にとって、家族にとって、こんな夢の様な話はないでしょう。

サーフィン大原洋人選手、注目していきたい選手です!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ