サニブラウンの進路・進学先の大学はどこ?米国行きは決定か!

陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム選手が練習拠点を海外へ移すことが話題となっています。

現在高校3年生のサニブラウン選手(2016年11月現在)。

進路や進学先の大学はどこなのか、米国行きは決定なのか調べてみました。



スポンサードリンク


サニブラウン選手のwiki・プロフィール

名前:サニブラウン・アブデル・ハキーム

生年月日:1999年3月6日

出身地:福岡県

身長:188cm

体重:74kg

自己ベスト
100m 10秒05(2017年日本陸上競技選手権大会)
200m 20秒34(2015年世界ユース選手権)



ガーナでサッカー選手だったガーナ人の父親とハードルで全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に出場したことのある母親。

サニブラウン選手はスポーツ万能な一家です。

サニブラウン選手はもともとはサッカーをしていたのですが、「団体競技に向いてない」と母親から言われ、小学校3年生の時に陸上を始めました。

城西大学附属城西中学校・高等学校で村貴彦顧問のもと記録を伸ばし、2015年1月には、東京オリンピック代表選手候補に期待される日本陸上競技連盟の「ダイヤモンドアスリート」に認定されました。




サニブラウン選手の米国行きは決定か!

サニブラウン選手は、東京五輪に向けて若手有望選手を海外で集中的に強化する新事業の対象に選ばれています

そのため海外へ行くことは間違いありません。

今のところ有力なのは米国といわれています。

サニブラウン選手は通訳なしで英語のインタビューに応じられるので、米国へ渡っても英語の心配はいりません。



スポンサードリンク


サニブラウンの進路・進学先の大学はどこ?

2017年3月、城西大城西高校を卒業したサニブラウン選手。

サニブラウン選手は日本の強豪大学の推薦入試の申込みはしていないようです。

さらに、東京五輪に向けて若手有望選手を海外で集中的に強化する新事業の対象に選ばれていて、その条件が23歳以下で2020年まで続けて活動できること となっています。

ちょうど大学在学の期間とピッタリではないでしょうか。

なので、海外の大学進学は間違いないと思われます。


※追記
進学先が気になっていたサニブラウン選手ですが、2017年秋からアメリカのフロリダ大学に進学することとなりました。

フロリダ大学は、アメフト、バスケット、水泳、陸上などの強豪で、現役、OB含め30選手がリオ五輪に全種目を通じて出場しています。

さらに、勉強のほうも疎かにできず、決まった成績を収めないと練習でさえ認められないという厳しい環境なんだそうです。

そのため単位を落とすことのないように、スポーツ奨学生には学習施設が整えられていて、アドバイザーが学習方法の指導をしてくれたり、成績優秀な生徒が勉強を手伝ってくれたりと、手厚くケアをしてくれるのだそうです。

高校1年の時から海外の大学に進学することを決めていたというサニブラウン選手。

チームメイトも実力派揃いだと思います。共に高みを目指して頑張ってほしいですね。


【関連記事】
ケンブリッジ飛鳥の父はレゲエ歌手?母親の仕事や妹さしゃが可愛い!




まとめ

日本の大学からの多くの誘いを断り、厳しい環境に身を置き高いレベルに挑もうと決意したサニブラウン選手。

サニブラウン選手の成長がとても楽しみですね。


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ