初節句の兜はコンパクトで小さいのがいい!値段の相場まとめ

初節句の際に準備したい兜飾り。

最近は、マンションやアパート住まいの家庭が増え、兜飾りもコンパクトで小さいものが好まれるようです。

そこで、人気のコンパクトで小さい兜の紹介をします。

兜を購入する際に、気になる値段の相場も併せて紹介していきますね。



スポンサードリンク


初節句の兜の値段の相場

「兜」の値段ってかなり差があって 2万円~100万円 くらいの値段するようです。


兜のサイズやタイプによって値段がかなり違うのはもちろんですが、作札が作家さんの名前入りだとか、兜が戦国武将のものだとか、素材や細かい部分の作りによって値段の差が出てくるのだそうです。

なので、兜の値段の相場って、参考程度くらいにしかなりませんが…

コンパクトサイズの兜の相場は 5万円前後

売れ筋の兜の相場は 15万円~30万円

なのだそうですよ。



スポンサードリンク


初節句の兜はコンパクトで小さいのがいい!

アパート住まい、マンション住まいの家庭は兜の飾り場所や収納場所を考えると、コンパクトで小さい兜がいいですよね。

兜飾りには、「ケース飾り」「収納飾り」「平飾り」と飾る場所によってさまざまなタイプがあるのだそうです。



■ ケース飾り

収納箱から出して、そのまま飾ればいい手軽さが人気。
万が一のことを考えると、ガラスケースよりアクリルがおすすめ。





■ 収納飾り

収納箱がお飾りの台になるのが収納飾り。
収納がしやすい、片付けやすいということで最近人気が出てきている。
お部屋の空きスペースの床にじかに置くのに適しています。





■ 平飾り

見た目がすっきりとしていて、兜が最も映える。
飾るのが簡単で、キャビネットや棚などの上に置くのに適しています。




コンパクトで小さい兜がいいと言っても、さまざまな種類があって、値段もかなりの差がありますね。

一生に一度の初節句の兜です。

飾る場所や収納場所、予算をしっかりと決めていいものを選びたいですね。

【関連記事】
初節句の兜は誰が買う?いらないけどおさがりではダメ!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ