母の日の花の花言葉!おすすめの花束や鉢植えも紹介します!

カーネーションの花とともに「お母さんいつもありがとう」の気持ちを伝える母の日。

母の日といえば、カーネーションを贈るのが定番ですが、最近はお母さんの好きな色の花や好きな種類の花を贈るケースが増えているようです。

いつもカーネーションを贈っているあなた。

今年の母の日はお母さんの好きな花を贈ってみるのはいかがですか?

母の日に贈りたい花の花言葉と、おすすめの花束や鉢植えを紹介します。

参考にしてみてくださいね。



スポンサードリンク


母の日に贈りたい花の花言葉!おすすめの花束や鉢植えはこれ!

花言葉というのは1つの花に1つではないそうです。

花が世界中に広まっていくうちに、その土地の歴史や文化、宗教的な関係で国によって花言葉も様々なのだそうですよ。

そして花の色によっても花言葉は違います。



カーネーション



■ 花言葉 : 無垢で深い愛



   「母への愛」

ピンク 「美しい仕草」「熱愛」「感謝」

   「私の愛情は生きている」「尊敬」

黄色  「軽蔑」「嫉妬」



母の日といえば、カーネーション。

カーネーションの花は様々な色があって色によってそれぞれ花言葉があるのですが、カーネーション全般の花言葉は「無垢で深い愛」。

そして、母の日におすすめは、「母への愛」という花言葉の 赤いカーネーション ですね。






バラ



■ 花言葉 : 美・愛情


  「愛」「恋」

ピンク「感銘」

  「純潔の愛」「尊敬」

黄色 「嫉妬」



バラの花は贈り物にぴったりの花ですよね。

母の日には、赤やピンクのバラ がおすすめです。






ガーベラ



■ 花言葉 : 希望・究極の愛・神秘


   「神秘」「燃える神秘の愛」

ピンク 「崇高美」「熱愛」「童心に帰る」

黄色  「究極美」「究極愛」「親しみやすい」

オレンジ「神秘」「冒険心」「我慢強さ」

   「希望」「律儀」



ガーベラは明るくて、可愛くて、見ていると元気の出る花ですよね。

母の日におすすめのお花です。






あじさい



■ 花言葉 : 移り気・浮気・無常・冷淡・高慢


   「辛抱強い愛情」

ピンク 「元気な女性」

   「寛容」



あじさいの花は、土の色や成長とともに花の色が変化します。

そのため、「移り気」、「浮気」など、イメージの悪い花言葉があるんです。


日本が原産のあじさいは、昔から日本人に愛されている花です。

そのため、小さな花がいっぱい集まってまとまり、大きく咲いた花に見えるところから、


・一家団欒

・家族の結びつき

・仲良し友達

・和気あいあい


といった「団結」、「団欒」という意味合いの花言葉として日本では愛されています。

家族の結びつきを意味するあじさい、最近では結婚式でも人気があります。

「元気な女性」という花言葉の ピンクのあじさい は母の日におすすめのお花です。

母の日限定 あじさいマザーピンク

母の日限定 あじさいマザーピンク
価格:3,980円(税込、送料込)






スポンサードリンク


胡蝶蘭



■ 花言葉 : 幸福が飛んでくる・変わらぬ愛


    「清純」

ピンク  「あなたを愛してる」

紫・黄色 「特別な花言葉はない」



お祝い事で目によく目する胡蝶蘭、豪華で華やかなお花ですよね。

「幸福が飛んでくる」という縁起の良い花言葉なのでプレゼントにも喜ばれます。

母の日にもおすすめのお花です。






チューリップ



■ 花言葉 : 思いやり・博愛


    「恋の告白」

ピンク  「愛の芽生え」「誠実な愛」

オレンジ 「照れ屋」

    「希望のない恋」「望みのない恋」

緑色   「美しい瞳」

    「不滅の愛」「永遠の愛」

    「新しい恋」「失われた恋」

    「私を忘れてください」

まだら  「魅惑」「疑惑の愛」



チューリップの花言葉の「博愛」「思いやり」は、お母さんにピッタリのステキな花言葉ですね。

とても可愛らしいチューリップなのですが、色によっては、贈り物に不向きなものもあるので注意してくださいね。

母の日には、ピンクオレンジがおすすめですね。







マーガレット




■ 花言葉 : 信頼・恋占い・真実の愛


ピンク「真実の愛」

黄色 「美しい容姿」



恋占いの花として親しまれているマーガレット。

可憐でとても可愛らしいお花です。

母の日の贈り物におすすめですね。




まとめ

母の日におすすめの花と花言葉を紹介しました。

花には様々な色や種類があって、それぞれ花言葉があるんですね。

花言葉も大事にしたいのですが、お母さんが好きな花が一番だと思います。

好きな花がわからないのだったら、好きな色とか、イメージに合った花を贈ってみてはいかがでしょうか?

お母さんが笑顔になってくれるようなお花が見つかるといいですね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ