ヨックモックのシガールが食べられるストロー!どこの店舗・販売店が気になる!

近年プラスチックごみをめぐり、環境汚染などが世界規模で問題視されていて、プラスチック製品の仕様を禁止する国も増えつつあります。

その中で老舗洋菓子メーカーの「ヨックモック」が夢のような試みを実現してくれました!

「ヨックモック」の代表的なお菓子と言えば「シガール」ですよね。

葉巻状に巻かれたサックリとした口当たりのクッキーです。

そんな誰もが大好きな「シガール」がストローになったというではありませんか!!

これは一体どういうことなのでしょうか!?

ヨックモックのシガールが食べられるストローになったというのはどういうことなのか?どこの店舗で買えるのか、気になる販売店を調べてみました。



スポンサードリンク


ヨックモックのシガールが食べられるストローになっちゃった!

ヨックモックのシガールが食べられるストローになったって一体どういうことなんでしょうか?


近年プラスチックごみをめぐり環境汚染が問題となっています。

ヨックモックでも6月5日の世界環境デーに合わせ、都内で運営する全4店舗で提供するストローを紙素材に変更しました。

さらに、50周年記念企画として「シガール・ストロー」が付いたドリンクメニューを提供することになったようです。

以前から、

●シガールをストローにしてみたい
●シガールで空気を吸ったらおいしかった

といったお客様からの声があり、実現した食べられるストロー「シガール・ストロー」。

通常のヨックモックだと水分を吸ってしまうため、内部をチョコのようなものでコーティングしているそうですよ。


ちなみに「シガール」というお菓子はこんなお菓子です。

お土産にもらった時は、テンションが上がりますね。



この「シガール」がストローになってしまったなんて…!

気になるのは、ストロー単品で販売してもらえるのか?どこの店舗で販売しているのかなどなど…。

ちょっと調べてみました。



スポンサードリンク


どこの店舗・販売店で買える?

食べられるストロー「シガール・ストロー」は単品でストローを販売しているのではなく、「シガール・ストロー」が付いたドリンクメニューを提供しているようです。

ドリンクは、

・アイスコーヒー
・アイスティー
・牛乳

の3種類。

いずれも紙ストローに加えて、シガールをもとに特別に作ったストローが付いてきます。

価格は864円(税込み)で、各日限定数が決まっているため売り切れる場合もあるそうです。


気になる店舗は、

■店舗
ヨックモック青山本店 BLUE BRICK LOUNGE
住所:東京都港区南青山5-3-3




■提供期間
~2019年6月30日(日) 各日限定数

■営業時間
月~土 10:00~23:00(22:00 LO)
日祝 10:00~19:00(18:30 LO)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ