今年の漢字2019発表日と応募方法は?一文字予想と歴代紹介!

2019年「今年の漢字」応募概要が発表されました。

毎年話題となる「今年の漢字」。

漢字一文字でその年の世相を表すなんて面白いですね。

2019年11月1日から募集が始まります。

2019年「今年の漢字」の発表日はいつなのか、応募方法や今年の漢字一文字の予想と歴代の紹介をします。



スポンサードリンク


2019年「今年の漢字」の発表日

2019年「今年の漢字」の発表日は、

2019年12月12日(木)
京都・清水寺



1995年から始まった「今年の漢字」。

例年、京都の清水寺にて発表されていますが、どうして清水寺での発表なのでしょうか…?




「今年の漢字」なぜ清水寺?

「今年の漢字」は、財団法人日本漢字能力検定協会が行っている行事です。

財団法人日本漢字能力検定協会というのは、

日本漢字能力検定の実施等を行う公益財団法人。

・日本漢字能力検定
・BJTビジネス日本語能力テストの実施
・参考書籍の出版
・日本語・漢字学習の振興

など漢字に関する様々な事を実施している協会です。


この財団法人日本漢字能力検定協会の本部が京都にあるということ、そして清水寺が日本を代表するお寺だということで、毎年清水寺にて開催されているようです。




2019年「今年の漢字」の応募方法

2019年「今年の漢字」を2019年11月1日(金)より全国から広く募集。

応募方法は、インターネットはがき応募箱から応募できます。


●インターネット
2019年11月1日から応募フォームがオープン
「今年の漢字」応募フォーム


●はがき
・2019年の世相を表す漢字一字とその理由
・郵便番号
・住所
・氏名
・年齢
・性別
・電話番号
を明記。
応募は1通につき一字。

郵送先
〒605-8799 東山郵便局 私書箱第11号
2019年「今年の漢字」係

あてに送ります。


●応募箱
清水寺、書店・図書館、企業、施設など全国約1,300箇所以上に応募箱が設置。

所定の応募用紙にて応募します。


応募方法・応募箱の設置場所の詳細はこちらから確認できます。
2019年「今年の漢字」応募概要



スポンサードリンク


2019年「今年の漢字」一文字を予想

2019年「今年の漢字」一文字を予想してみました!

きっとほとんどの人たちが予想しているであろう…

「令」

と予想します。

今年も様々な出来事がありました。

地震・台風・猛暑などの災害。

子どもが犠牲となる交通事故・虐待。

社会問題となったあおり運転。

京都アニメーションの放火。

吉本興業の闇営業問題。

従業員が悪ふざけ動画を投稿。

消費税アップ など

悪いことが多かった年でしたが、悪いことばかりではありませんよ。

新天皇が即位され、令和という新しい時代を迎えたこと。

ラグビーワールドカップ2019が日本で開催。

陸上男子9秒台マーク、サッカーの久保選手、ゴルフの渋野選手、バスケの八村選手などスポーツ界で若い選手が大活躍。

など多くの人たちが笑顔になった出来事もありました。

多くの出来事の中でやはり日本国民が盛り上がったのは、新元号に関してではないでしょうか?

新元号が発表されるまでは、どんな元号になるのだろうと予想し、新元号「令和」が発表されると、令和饅頭やら関連グッズが飛ぶように売れたようですね。

新元号を発表した菅官房長官は若い子たちから “令和おじさん” なんて呼ばれていました。

若い子から年配の方まで関心があった出来事が新元号「令和」に関してだと思います。

なので、2019年「今年の漢字」は

「令」

の一文字だと予想します。



スポンサードリンク


「今年の漢字」歴代

1995年から始まった「今年の漢字」の発表。

過去にはどういう漢字一文字が選ばれたのか紹介します。

2018年
「災」
北海道・大阪・島根での地震、西日本豪雨、台風、記録的猛暑など、日本各地で起きた大規模な自然災害で多くの人が被災。

2017年
「北」
北朝鮮ミサイルの北海道沖落下によりJアラート(全国瞬時警報システム)が配信。
九州北部豪雨などの災害など、平和と安全の尊さを実感した年。

2016年
「金」
リオ五輪で日本人の金メダル獲得に沸き、政治と「金」(カネ)問題に揺れた年。「金」色の衣装を身に着けたピコ太郎さんの『PPAP』が世界的大ヒットを記録。

2015年
「安」
安全保障関連法案の審議で、与野党が対立。世界で頻発するテロ事件や異常気象など人々を不安にさせた年。建築偽装問題やメーカーの不正が発覚し、暮らしの安全が揺らいだ。「安心して下さい、穿いてますよ。」が流行。

2014年
「税」
消費税率が17年ぶりに5%から8%に引き上げられた年。

2013年
「輪」
2020年オリンピック・パラリンピックの開催都市に東京が決定し、富士山が世界文化遺産に登録され多くの人が輪となって喜びました。
自然災害が全国で多発。支援や助け合いの輪が広がり人とのつながりの「輪」を感じた一年。

2012年
「金」
日本の広範囲で金環日食が観測。金星の太陽面通過や金星食など、多くの日本国民が魅了された。

2011年
「絆」
東日本大震災により、かけがえのない人との絆をあらためて知った年。
なでしこジャパンのチームの「絆」により勝ち取ったワールドカップ優勝。

2010年
「暑」
猛暑日の連続により、全国で熱中症にかかる人が続出。
チリ鉱山のトンネル内落盤事故では、地中の「暑い」中から作業員全員が生還。

2009年
「新」
政権が交代し、新内閣が発足。
裁判員制度という新しい司法制度が施行。
オバマ新大統領就任。
世界的に新型インフルエンザが大流行。
さまざまな新しいことが起こった「新」の年。

2008年
「変」
短期間で首相が変わり、世界的金融恐慌が起き、食の安全性に対する意識の変化など様々な変化を感じた年。

2007年
「偽」
食品偽装問題、政界、スポーツ選手まで「偽」が次々と発覚。

2006年
「命」
悠仁様のご誕生、自殺・事故・事件の多発など命について痛感した年。

2005年
「愛」
紀宮様のご成婚、「愛・地球博」の開催、各界で「アイちゃん」の愛称の女性が大活躍した年。

2004年
「災」
台風、地震、豪雨、猛暑など、記録的な天災に見舞われ、目を覆う人災も多発した年。

2003年
「虎」
阪神タイガースの18年ぶりのリーグ優勝。

2002年
「帰」
北朝鮮に拉致された5人が24年ぶりに帰国。日本経済がバブル以前の水準に戻ったこと、昔の歌や童謡のリバイバル大ヒットなど「原点回帰」の年。

2001年
「戦」
米国同時多発テロ事件で世界情勢が一変し、戦争への不安を訴える声が多く、大不況によるリストラや失業など、すべてに立ち向かって戦わなければならない年と表現されました。

2000年
「金」
シドニーオリンピックとパラリンピックで多くの日本人選手が金メダルを獲得した年。
新500円硬貨、二千円札の登場。

1999年
「末」
世紀末、1000年代の末。東海村の臨界事故や警察の不祥事など信じられない事件が続出、日本経済が末期状態で「世も末」と実感。来年には「末広がり」を期待。

1998年
「毒」
和歌山のカレー毒物混入事件や、ダイオキシンや環境ホルモンなどが社会問題に。防衛庁や大企業の不正(毒)が次々と明るみに出た年。

1997年
「倒」
山一證券など金融機関や大企業の相次ぐ倒産が続出。サッカー日本代表が並みいる強豪を倒してワールドカップ初出場。

1996年
「食」
O-157食中毒事件や狂牛病の発生で「食べる」ことに気を使った年。税金と福祉を「食いもの」にした汚職事件の多発。

1995年
「震」
阪神・淡路大震災や、地下鉄サリン事件、金融機関の崩壊に”震えた”年。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ