カムカムエヴリバディの意味あらすじは?放送日はいつからなのか紹介  




2021年後期放送予定の朝の連続ドラマ小説「カムカムエヴリバディ」。

発表された当初から何だか変わったタイトルだなぁ…と思っていたのですが、私の周りにも同じように不思議に思っている人がいました。

ということで、「カムカムエヴリバディ」とは何なのかどういう意味なのか、あらすじやいつから放送がはじまるのか放送日などを紹介します。



スポンサーリンク


「カムカムエヴリバディ」の意味は?

2021年後期放送予定の朝の連続ドラマ小説「カムカムエヴリバディ」。

ちょっと変わったタイトルだなぁと思ったのですがどういう意味があるのでしょう?

普通に考えると、「みんな おいでおいで~!」みたいなことなのかなぁと思ったのですが、どうやら違うようですね。


戦後間もない頃にNHKラジオ英語講座「カムカム英語」というラジオ講座が放送されていました。

このNHKラジオ英語講座「カムカム英語」のオープニング曲のタイトルが

「カムカムエヴリバディ」

だったそうです。

大人気のラジオ講座だったようですが、大人気の要因がオープニング曲のおかげかもと言われていたようです。

オープニング曲の「カムカムエヴリバディ」は、童謡「証城寺の狸囃子」のメロディーの替え歌となっていました。そのため日本人に馴染みがあり、テンポのいい曲調が多くの人の心をつかんだのかもしれませんね。




朝ドラ「カムカムエヴリバディ」あらすじ

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」は、脚本家・藤本有紀さんのオリジナル作品です。藤本有紀さんは、2007年度後期放送の連続テレビ小説第77作「ちりとてちん」を手掛けていた脚本家さんです。

安子、るい、ひなたという三世代の主人公が登場する100年のファミリーストーリーです。

安子、るい、ひなたという登場人物を、3人の女優が、それぞれ別のヒロインとして演じるというのは連続テレビ小説史上初めてのことだそうです。

1925(大正14)年、日本でラジオ放送が始まった日に岡山の和菓子屋「たちばな」に生まれた安子(上白石萌音)。
家族や周囲の人々に愛され育ち、やがてラジオ英語講座に出会う。そして恋に落ち、結婚。さまざまな試練が安子に降りかかるなか、いつも安子を支えたのはラジオ英語講座と「たちばな」のあんこだった。
そして安子の娘、二代目ヒロイン・るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪から始まる。とある理由から“自分らしく自由に生きていきたい“と願い、岡山を飛び出したるい。自分のことを誰も知らない新天地・大阪で新たな人生を歩んでいく。ひょんなことから道頓堀の小さなクリーニング店で、住み込みで働くことになる。
大阪での新しい景色や出会いが、るいの日常を鮮やかに彩り、人生を切り開いていくのだった。
るいの娘で三代目ヒロインひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まる。
昭和から平成、そして令和へ。三世代ヒロインは、その時代時代の試練にぶちあたり、ときに、世間や流行から取り残されながらも、恋に、仕事に、結婚に、自分らしい生き方を、不器用ながらも、それぞれが違うあり方で、見出していく。
そして、3人の傍らには、ラジオ英語講座があった。
引用元:「カムカムエヴリバディ」ドラマトピックス




朝ドラ「カムカムエヴリバディ」いつから?放送日

2021年度後期の連続テレビ小説第105作として放送予定の「カムカムエヴリバディ」は、

2021年11月1日からの放送予定となっています。




朝ドラ「カムカムエヴリバディ」まとめ

「カムカムエヴリバディ」のタイトルの謎が解けましたね。

ラジオを聞いていらした多くの年配の方々にとって、とても心惹かれるタイトル名ではないでしょうか?

さらに朝ドラ史上初、3人それぞれ別のヒロインを3人の女優が演じるところも見どころですよね。

かなり期待してしまいます。

2021年11月1日、楽しみにしましょう!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ