横溝菜帆(子役)義母と娘のブルース・みゆき役がかわいい!兄こまにも出演! 

笑って泣ける4コマ漫画 「義母と娘のブルース」がドラマ化!
ドラマ「義母と娘のブルース」として、2018年7月スタートします。


数年前に母親を亡くし、父一人子一人で生きてきた宮本みゆき。

そんなみゆきの前に新しい義母となる岩木亜希子という女性が現れます。

バリバリのキャリアウーマンの亜希子は、何をやってもビジネス的。

みゆきと初対面の日に「私、このような者にございます」 と名刺を差し出す亜希子。

そんな亜希子にみゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。

このままでは終われないと、様々な対策をねり作戦をたてる亜希子…。


ドラマ「義母と娘のブルース」は、これまで仕事一筋だった女性が、必死に母親になろうとする物語です。

果たして亜希子とみゆきは心を通わせることができるのか?


主人公・岩木亜希子を演じるのは、女優・綾瀬はるかさん。

亜希子にプロポーズする子持ちのサラリーマン、宮本良一に、俳優・竹野内豊さん。

良一の娘・宮本みゆきを演じるのは子役の横溝菜帆ちゃんです。


今回は、宮本みゆきを演じる子役の横溝菜帆ちゃんを紹介します。



スポンサードリンク


横溝菜帆(子役)「義母と娘のブルース」でみゆき役!

2018年7月スタートのドラマ「義母と娘のブルース」で宮本みゆき役を演じる子役の横溝菜帆(よこみぞなほ)ちゃん。


横溝菜帆ちゃんが演じるみゆきは、数年前にママが他界し父親と2人暮らしの8歳の女の子。

みゆきの父親・宮本良一を演じるのは竹野内豊さん。

そして、宮本良一がプロポーズしみゆきの義母となったのが、綾瀬はるかさん演じる主人公・岩木亜希子です。




横溝菜帆ちゃんは総勢277人、6度にわたるオーディションの末みゆきに選ばれた子役さん。

どんな子役さんなんでしょうか?




横溝菜帆 プロフィール

名前:横溝 菜帆(よこみぞ なほ)

主審地:神奈川県

生年月日:2008年3月27日

所属事務所:テアトルアカデミー


横溝菜帆ちゃんの主な出演作品を調べてみたところ、多くの作品に出演してるんですよ。

2017年から2018年7月期まででもこんなに多いんです。

2017年
・兄に愛されすぎて困っています:橘せとか(幼少期)役
・世にも奇妙な物語 ’17春の特別編「一本足りない」」綾子(幼少期)役
・京都南署鑑識ファイル11:美羽(幼少期)役
・オバチャン保険調査員 赤宮楓のマル秘事件簿:忍(幼少期)役
・植木等とのぼせもん:植木ひとみ役
・今からあなたを脅迫します 第6・7話:北条愛梨役
2018年
・特命刑事カクホの女 第5・6話
・義母と娘のブルース:宮本みゆき



スポンサードリンク


横溝菜帆(子役)兄こまにも出演していた! 

2017年4月から5月の深夜に放送されていたドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」通称・兄こま

そして、2017年6月30日に公開の映画「兄に愛されすぎて困ってます」(兄こま)に出演していた横溝菜帆ちゃん。

横溝菜帆ちゃんは、土屋太鳳さんが演じていた主人公・橘せとかの幼少期役で出演。

とにかく「かわいい」の声が多かったようです。




まとめ

多くの作品に出演し、とってもかわいい横溝菜帆ちゃん。

オーディションで選ばれたドラマ「義母と娘のブルース」のみゆき役。

どんな演技を見せてくれるのか注目ですね!

ちなみにドラマ「義母と娘のブルース」の原作は4コマ漫画でとても読みやすく、笑いあり涙ありで満足のいく作品のようです。



スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ