天皇誕生日(祝日)は増える?いつから変わる?皇太子の誕生日はいつ?

2016年8月8日、天皇陛下が譲位の意向をにじませる「おことば」を表明され、政府は天皇陛下の退位日を2019年4月30日、皇太子殿下が翌5月1日に新天皇に即位。

その日に新しい元号を施行するということで決定したようです。

ちょっとここで、素朴な疑問が…。天皇誕生日です!

現在の天皇誕生日は、12月23日・祝日となっています。

天皇陛下が退位され、皇太子殿下が即位されると、現在の天皇誕生日はどうなるのでしょうか?

そして新しい天皇誕生日・祝日が増えることになるのでしょうか。

天皇誕生日(祝日)は増えるのか、変わるとしたらいつから変わるのか、皇太子殿下の誕生日はいつなのか、調べてみました。



スポンサードリンク


皇太子殿下の誕生日はいつ?

皇太子殿下の誕生日は、2月23日

皇太子殿下が即位されると、2月23日は、やはり天皇誕生日・祝日となるのでしょうか?




天皇誕生日(祝日)は増える?

平成31年(2019年)に新元号となり、皇太子殿下が天皇に即位されると皇太子殿下の誕生日、2月23日が「天皇誕生日」祝日となるのでしょうか?


個人的には祝日が増えることはとても嬉しいのですが、そんな単純な話なのでしょうか?



調べてみたところ、2017年(平成29年)6月16日に公布された天皇の退位等に関する皇室典範特例法に、国民の祝日に関する法律の改正も盛り込まれていて、

「天皇誕生日を12月23日(今上天皇の誕生日)から2月23日(皇太子徳仁親王の誕生日)に変更する。」

とありました。

ということは、皇太子殿下が天皇に即位されると、皇太子殿下の誕生日、2月23日が「天皇誕生日」になるのはほぼ間違いないようです。




天皇誕生日はいつから変わる?

天皇陛下の退位日が2019年4月30日

翌日の2019年5月1日に皇太子殿下が新天皇に即位する。

ということなので、2月23日が新しい天皇誕生日になるのは、2020年からではないでしょうか?


ということは、2019年は天皇誕生日がない年…ということになるのかな?



そして、2020年2月23日は…なんと日曜日!

振替休日が発生でしょうか?



スポンサードリンク


12月23日 天皇誕生日はどうなる?

2月23日が天皇誕生日となると、現在(2017年)の天皇誕生日12月23日はどうなるのでしょうか?

どうにかお休みの日として残らないものでしょうかねぇ…。



昭和天皇の誕生日、4月29日は「みどりの日」となり名称変更して、現在「昭和の日」として祝日として残っています。



となると、12月23日も祝日として残る可能性があるのかも!



調べてみたところ、現行(2017年8月時点)の天皇誕生日にあたる12月23日は休日とならない予定という情報を見つけました。


どうなんでしょう…?

正式な発表を待つばかりですね。



ちなみに、カレンダー業界はかなり焦っているんだそうです。

カレンダーの印刷は1年がかりの大仕事。

2019年版のカレンダーを作るのに、2017年12月には印刷開始となります。

なので2017年12月、遅くても2018年1月には、新元号名と現天皇陛下の誕生日12月23日と現皇太子殿下の2月23日の祝日がどうなるのか決まらないと間に合わない。

政府は新元号の発表の時期を2018年夏頃と予定していますが、それでは到底間に合わないと緊迫した状況なんだそうです。

新元号はいつから?発表はいつ?変更理由や決め方について


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ