暑中見舞いを出す時期2016年はいつからいつまで?書き方についても

夏になると「暑中見舞い」という言葉をよく耳にします。

1年の中で最も暑い時季に相手の体調を気遣い、こちらの近況報告をするステキな挨拶状ですよね。

しかし、暑中見舞いのはがきを出そうと思っても出す時期はいつなのか、どう書いていいのかわからないものです。

そこで、2016年の暑中見舞いのはがきを出す時期はいつからいつまでなのか、暑中見舞いのはがきの書き方についてもお届けします。



スポンサードリンク


2016年の暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?

暑中見舞い

暑中見舞いを出す時期は一般的に

梅雨明けの頃~立秋までの間

と言われています。



しかしこれには諸説あるようで、

●7月初旬 ~ 立秋の前まで

●小暑(7月7日頃)~ 立秋の前まで
 小暑:2016年は7月7日

●夏の土用の時期 ~ 立秋の前まで
 夏の土用:2016年は7月19日~8月6日
 立秋:2016年は8月7日

暑中見舞いを「いつまでに出すのか」ということについては、立秋までのようですが、「いつから出すのか」ということについては、はっきりしていないようです…。


そもそも暑中見舞いというのは「1年の中で最も暑い季節に相手の体調を気遣い、こちらの近況報告をするもの」なので、「梅雨が明けて最も暑くなった頃」から出すのがベストです。

注意してほしいのは、自分の住んでいる地域で梅雨が明けても相手の地域はまだ梅雨明けしていないということもありますので、気を付けてくださいね。


ちなみに、立秋を過ぎたら「残暑見舞い」として出しましょう。

残暑見舞いは、立秋以降 ~ 8月中 に送るのが一般的となっています。



スポンサードリンク


暑中見舞いの書き方

spl1m

1. 暑中お見舞い申し上げます
暑中見舞いの挨拶となる言葉(挨拶文)から入ります。
手紙などに用いられる、「拝啓・敬具」などの言葉頭語と結語は不要です。
少し大きめの文字で書くと見栄えが良いです。

2. 時候の挨拶・書き手の近況報告 
相手の体調を気づかう言葉・結びの言葉
はがきを出す時期にふさわしい時候の挨拶(7月初旬〜立秋の頃まで)を書きます。
例:梅雨が明け、猛烈な暑さとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

相手の健康を気遣う文章とこちらの様子などを書きます。
例:おかげさまで家族一同元気に過ごしております。

お礼や報告があればそのことを書きましょう。
例:このたびはご丁寧なお心づかいをいただき、本当にありがとうございました。

先方への気遣いの言葉などを盛り込み、締めくくります。
例:これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。

 
3.日付け
「○年○月○日」というような正確な日付ではなく、「平成○○年盛夏」「平成○○年七月」などのように書くのが一般的です。


※印刷ハガキを使用する場合は、手書きで一筆添えると好印象を与えますよ。




暑中見舞い「かもめ~る」

年賀状専用のはがきがあるように、暑中見舞い用にも「かもめ~る」と呼ばれる官製はがきがあるんですよ。

切手の柄が夏仕様だったり、くじが付いていたりして人気があります。

配達時期の指定はなく通常のはがきと同じ扱いになるのですが、9月上旬にくじの抽選発表があるので、8月末までには投函したほうがいいですね。

2016年の販売は6月1日(水)からです。

「かもめ~る」についての詳細はこちらから




まとめ

暑中見舞いを出す時期は「梅雨が明けて最も暑くなった頃」から「立秋まで」、立秋を過ぎたら残暑見舞いとなります。

文字を書くことが少なくなってきた昨今、相手を気遣う身近な季節の便り「暑中見舞い」を大切な方に送ってみてはいかがですか?

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ