新元号はいつから?発表はいつ?変更理由や決め方について

政府は平成31年1月1日(元日)から新元号とする方向で検討に入ったとのニュースがあり、ビックリしているところですが、新元号はいつからなのか、新元号の発表はいつなのか、決め方や変更の理由について調べてみました。



スポンサードリンク


新元号はいつから?

政府は、平成31年1月1日から新元号とする方向で検討に入ったそうです。

平成31年というと西暦2019年ですね…。

2019年っていうともう一声って感じですが、元号で考えるのですからね。

ということは、東京オリンピックは新元号になっているんですね。

何だか新鮮な気持ちで東京オリンピックを応援できそうです!


日本の歴史の中でも1月1日(元日)に改元されるのはとっても珍しいそうなんです。

前回1月1日(元日)に改元されたのは、奈良時代の天応(781年)のことだそうで今回1200年ぶりの1月1日(元日)の改元となるそうです。

壮大な歴史を感じますね。




新元号になる理由

ところでどうして平成31年から新元号になるのでしょうか?

新元号になる理由を調べてみました。



天皇陛下が在位30年を節目として譲位を希望されていること

このことが理由のようです。


スポンサードリンク


新元号の発表はいつ?

新元号の発表は、2018年前半まで(改元の半年以上前)に発表される予定です。

政府は国民生活に大きな影響を与えないようにということで、事前に発表することを決めたようです。




新元号の決め方

日本には「元号法」という元号について定めた法律があるんです。

●元号は、政令で定める。
政令を定める内閣が決める

●元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める
天皇が崩御され天皇の位が継承された場合や、今回注目されている生前退位の場合


さらに元号の選定について、具体的な要領が定められています。



元号は、

候補名の考案 → 候補名の整理 → 原案の選定 → 新元号の決定

といった流れで決められるようです。


1.候補名の考案
内閣総理大臣が選んだ数名の有識者に委任し、各考案者は2 ~ 5個の候補名を提出する。


2.候補名の整理
内閣官房長官は提出された候補名を検討・整理し、結果を内閣総理大臣に報告する。

このとき次の事項に配慮するものと定められている。

・国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。
・漢字2字であること。
・書きやすいこと。
・読みやすいこと。
・これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと。
・俗用されているものでないこと。


3.原案の選定
整理された候補名は、総理府総務長官・内閣官房長官・内閣法制局長官らにより精査され新元号の原案として数個の案を選定する。

全閣僚会議で、新元号の原案について協議する。

内閣総理大臣は、新元号の原案について衆議院及び参議院の議長及び副議長に意見を聞く。


4.新元号の決定
閣議において、改元の政令の決定という形で決められる。



簡単に言えば…
内閣総理大臣が選んだ数名の専門家によっていくつかの元号の候補名が提案され、内閣府が協議し決定する

といった感じでしょうか?


まとめ

天皇の生前退位についても話が進んでいると思えなかったのですが、いきなりの新元号のニュースにビックリさせられました。

こうなるとどんな元号になるのか様々な予想が飛び交い日本国内は盛り上がってきそうですね。

元号変更に伴い様々なトラブルが発生したりしないのか不安にもなりますが、楽しみにしましょう!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ