四十七大戦(漫画)のキャラがカッコイイ!あらすじ紹介!

ウェブコミック配信サイト「コミックアース・スター」で漫画「四十七大戦」(しじゅうしちたいせん)の連載が始まりました。

都道府県のご当地神様・ゆる神が首都争奪戦を繰り広げるストーリーです。

驚いたのは、鳥取県の神様「鳥取さん」が主人公ということ。

鳥取さんが生き残りを懸け人口の奪い合いを展開していくストーリーとなっています。

漫画「四十七大戦」あらすじとご当地神様・ゆる神のキャラを紹介します。

スポンサードリンク


「四十七大戦」のあらすじ

漫画「四十七大戦」のあらすじを紹介します。


漫画「四十七大戦」の舞台は、各都道府県に会いに行ける神「ゆる神」と呼ばれるご当地神様がいる世界です。

人口が最も少なく、極東の島国日本の最果てに存在する魔境とまで呼ばれている、鳥取県のゆる神・鳥取さんが生き残りを懸けて他の都道府県のゆる神たちと激しいバトルを繰り広げていく物語です。



各都道府県の方言や県民性が出ていたりするので、自県のゆる神がとても気になる漫画です。

鳥取県はスターバックスコーヒーが全国で一番最後に出店された県として全国的に話題となりましたが、そのこともしっかりと盛り込まれています。

アクションシーンは、とてもテンポが良く特産品などをモチーフにした武器や技が飛び出したりしてとても読み応えがあります。





「四十七大戦」のキャラがカッコイイ!

会いに行ける神 = ゆる神

として各都道府県に存在するご当地神様。

ゆるキャラならぬ、ゆる神なんですね。


鳥取のゆる神・鳥取さんと島根のゆる神・島根さんがメインで登場し毎回新たなゆる神が登場してきます。

そのゆる神がカッコイイ!

●鳥取さん(主人公)
鳥取さん
鳥取県のゆる神。

毎日スタベに通っている。
堅実で温厚な性格だが、お隣の県、島根と間違えられると豹変する。





●島根さん
島根さん
島根県のゆる神。

とても喧嘩っ早いキャラで、鳥取さんとは会えば喧嘩の仲。





●山口さん
山口さん
山口県のゆる神。

山口さんの前で吉田松陰を呼び捨てにすると、丸一日の説教と県中引き回しの刑に処される。





●岡山さん
四十七大戦 岡山

岡山県のゆる神。

クールで沈着冷静だがかなり天然。
鳥取さんに目をかけている。





●広島さん
四十七大戦
広島県のゆる神。

チャラくて自他共に認める中国地方のドン。
声も態度もぶちデカい。
赤い球団を愛してやまない。




●兵庫さん
四十七大戦

兵庫のゆる神。

飼っていた虎を大阪さんに取られて勝手に「道頓堀」と名付けられてしまう





●大阪さん
四十七大戦

大阪のゆる神。

広島さんと同じくお好み焼きには一家言ある。
豪快でマイペースな性格にみえるが、まだまだ未知な部分が多い。





●愛媛さん
四十七大戦 愛媛



愛媛のゆる神。




●京都さん



京都のゆる神。





●香川さん

香川のゆる神。

香川さんにとって最強最悪の禁句「うどんよりそば」

この一言で鬼神となってしまう。





●神奈川さん



神奈川のゆる神。





●愛知さん
四十七大戦 愛知



愛知のゆる神。





●滋賀さん



滋賀のゆる神。





●岐阜さん



岐阜のゆる神。



スポンサードリンク


「四十七大戦」の作者・一二三について

「四十七大戦」の作者は20代の若手漫画家・一二三(ひふみ)さんです。

書籍「地方消滅」の影響で、地方消滅を救うヒーローものの漫画「四十七大戦」を描いたのだそうです。

そして、全国で一番人口が少ない鳥取県が意欲的に少子化対策に取り組んでいること、平井知事の人柄に惹かれ鳥取県が逆境を跳ね返す主人公になれば面白いのでは…と鳥取県を主人公に選んだそうですよ。

一二三さんの作品、高校演劇漫画「Now playing」単行本全4巻が発売中です。


まとめ

鳥取県が主人公となった漫画「四十七大戦」

鳥取県は「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげる先生、「遥かな町へ」「父の暦」の谷口ジロー先生、「名探偵コナン」の青山剛昌先生など多数の漫画家を輩出していることもあり、2012年から「まんが王国とっとり」としてまんがに関連したイベントを開催したりと力を入れています。

この「四十七大戦」の主人公が鳥取県ということもあって、さらに鳥取県が盛り上がること、間違いないでしょう。

実際に、鳥取県の公式HPでも紹介されています。
鳥取県公式HP

平井知事がどんなPRをしてくださるのか、楽しみです。


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ