奥様は、取り扱い注意で西島秀俊(勇輝)の正体を予想!

2017年10月4日(水)スタートのドラマ「奥様は、取り扱い注意」

ドラマが始まる前は、綾瀬はるかさんが演じる主人公・伊佐山菜美が暴力的な主婦で、夫はいつも悩まされている…って感じのドタバタなコメディかと思っていました。

しかし、第1話を観てみると綾瀬はるかさんが演じる伊佐山菜美は元特殊工作員という過去を持つ女性。

なので、とっても強いんです。

綾瀬はるかさんのアクションシーンはカッコよすぎです!


そして、今回注目したのは綾瀬はるかさんの夫役を演じている西島秀俊さん。

西島秀俊さんが演じる伊佐山勇輝がまたまたカッコイイ!

IT企業を経営しているということですが、どうも何か裏があるように感じているのは私だけではないようですね。

「奥様は、取り扱い注意」で西島秀俊さんが演じている伊佐山勇輝の正体を予想してみました。



スポンサードリンク


「奥様は、取り扱い注意」菜美と勇輝の出会い

中国で特殊工作員工作員だった主人公の伊佐山菜美は、穏やかな生活を手に入れたいため、過去を捨て日本に帰国し新しい人生をスタート。

ある日友人から合コンに誘われた菜美は、伊佐山勇輝(西島秀俊)に一目惚れ。

奥様は、取り扱い注意



勇輝に誘われ、お互いの生い立ちを話す菜美と勇輝。

勇輝の両親は事故で他界していて、孤独に育ち、現在はIT企業を経営しているという。

3ヶ月後、菜美と勇輝は結婚。

式はせず、入籍だけ済ませ高級住宅街に新居を構える。



といった感じで菜美と勇輝は出会ったのですが、まぁ普通といえば普通ですよね。

しかし、何かあるような気がしてならないんですよねぇ…。



スポンサードリンク


「奥様は、取り扱い注意」西島秀俊(勇輝)の正体を予想!

・西島秀俊が怪しすぎる
・西島秀俊も黒スーツのせいか工作員に見えた
・まあ旦那さんはとりあえずスパイだな
・西島さんが一般人じゃないって疑いが消えない

と言った感じで西島秀俊さん演じる勇輝が怪しいと思った視聴者が多いようです。

第1話を観る限り、そんなに怪しい感じはしなかったのですが、「んっ!?」 と思った場面はありました。



近所に住む主婦のDVに悩んでいた菜美。

ある日勇輝がいつものように「ただいま~」と帰宅し、出迎えた菜美に「なんかあった?」と言い出した勇輝。

「いつもと雰囲気が違うからさ」と…。



ちょっとした変化に気がついた勇輝は、人一倍観察力が鋭い男なのか…。



視聴者からはスパイという声も聞かれますが、現時点ではなんともいえません。


個人的には、勇輝の正体と目的は不明ですが、菜美との出会い結婚は計画的だったと予想します。



ある日、5日間の福岡出張に出かけた勇輝。

菜美との電話でのシーンでホテルの部屋から見えた外の景色が、東京タワー(?)レインボーブリッジ(?)どうも東京にいたようですね。




これは怪しすぎます!


第7話で、菜美は主婦仲間の友恵に、「くだらないと思えることでもお互いのことをたくさん話したほうがいいわよ」と言われ、勇輝のことを何も知らないと感じた様子。

そのためなのか勇輝に「好きな音楽って何?」と電話で聞いた菜美。

その時の勇輝の表情が曇っていたような、必死に考えていたように見えました。

「古いジャズが好きだよ」と答えた勇輝でしたが、とっさに答えた様子。

何だか勇輝の周りに不穏な空気を感じました。



最終回では勇輝の正体が公安の人間だとわかりました。

そしてあの合コンで菜美を目の前にして、一目惚れしてしまった勇輝は、菜美を監視すると上司に上手く説得し結婚。

1年間菜美に怪しい行動がなければ監視を止めてもいいと上司と交渉し約束することが出来たが、月日が経つにつれ菜美の行動が怪しくなってきたことに不安を感じる勇輝。

そのためドイツに行って2人でやり直そうと提案するが…。



最後の最後に、やはり普通の主婦では満足出来ないことにはっきりと気付いてしまった菜美。

そして、家に帰り「おかえり」と笑顔で出迎えてくれた勇輝が、菜美に向かって銃口を向けます。

その後、1発の銃声が…



この終わり方が、気になりすぎてスッキリしません!

映像は真っ暗で、1発の銃声だけだったので菜美がどうなったのか気になります!


「奥様は、取り扱い注意」が映画化されるという噂があるので、菜美が一体どうなったのかはっきりするのでしょうか?

それともご想像におまかせします的な感じなのでしょうか?

今のままでは、モヤモヤして落ち着きません(泣)



ドラマ「奥様は、取り扱い注意」を観られなかった!見逃した!という方…。
Huluで観ることが出来ますよ。
↓  ↓  ↓


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ