黒井戸殺しに野村萬斎出演!放送日はいつ?キャスト、原作も紹介!

アガサ・クリスティと三谷幸喜さんのコラボが再び「黒井戸殺し」というスペシャルドラマで実現です!

2015年「オリエント急行殺人事件」で、初めてアガサ・クリスティと三谷幸喜さんのコラボ作品が実現し、とっても面白かったのでまた実現しないかなぁ…と思っていました。

しかも、主人公は、「オリエント急行殺人事件」にも出演していた、野村萬斎さん演じる探偵・勝呂武尊(すぐろ・たける)ではないですか!最高です!!

「黒井戸殺し」の放送日はいつなのか、キャストや原作、あらすじについて紹介します。



スポンサードリンク


「黒井戸殺し」放送日

2018年4月14日(土)

よる8:00~

フジテレビにて放送




「黒井戸殺し」野村萬斎出演!

スペシャルドラマ「黒井戸殺し」の主人公は、「オリエント急行殺人事件」で難事件を解き明かした名探偵・勝呂 武尊(すぐろ たける)。

かなり独特な話し方で癖の強い勝呂武尊。

演じるのは、狂言師でもあり俳優としても活躍されている野村萬斎さんです。

狂言師としても名のしれた野村萬斎さんですが、俳優としても注目されている役者さんです。


2001年公開の映画「陰陽師」では主人公・安倍晴明 役に。

フィギアスケートの羽生結弦選手がフリーの演技で、陰陽師である安倍晴明を演じるにあたって、野村萬斎さんからアドバイスをもらったという話もありました。



2012年公開の映画「のぼうの城」主人公・成田長親(のぼう様)役では、人間味溢れる成田長親役が、ピッタリな野村萬斎さん。



そして、2016年公開の映画「シン・ゴジラ」ではゴジラ 役に。野村萬斎さんの狂言の動きがそのままゴジラの動きに反映され、話題となった映画でした。



幅広い演技で楽しませてくれる野村萬斎さんが「オリエント急行殺人事件」に続いて「黒井戸殺し」で、再び勝呂武尊役として登場です!



スポンサードリンク


「黒井戸殺し」原作

スペシャルドラマ「黒井戸殺し」の原作は、アガサ・クリスティーが1926年に発表した人気長編推理小説「アクロイド殺し」です。

三谷幸喜さんの脚本で「黒井戸殺し」として、日本で初めて映像化となります。

 

原作あらすじ

イギリスの片田舎キングズ・アボットで、村の名士アクロイド氏が短刀で刺殺されるという事件が起こった。その直前には、アクロイド氏の婚約者フェラーズ夫人も睡眠薬による自殺を遂げている。町医者・シェパード医師は、亡くなった二人の検死を担当。そして、彼は、この異常事態を正確な手記に記録することになった。シェパードの手記でこの物語は進行する。つまり、シェパードはストーリーテラーとして存在する。そこに登場するのは、秘密めいたアクロイド家の家族たち、邸宅の召使いたち。おしゃべり好きなシェパードの姉・キャロライン、そしてシェパードの隣の家で隠居生活を送る謎のベルギー人。彼こそが、エルキュール・ポアロだった。ロンドン、そして殺人事件から離れる決心をし、その村の住人となったポアロが、殺されたアクロイド氏の姪・若く美しいフローラからの依頼により、調査にとりかかる。しかし、ほとんどの容疑者にはアリバイがある。やがて、ポアロが「灰色の脳細胞を働かせて」たどり着くのは、驚がくの真実だった。
引用元:「黒井戸の殺し」公式HP




ドラマ「黒井戸殺し」あらすじ

昭和27年3月、片田舎・殿里村。
富豪の未亡人・唐津佐奈子(吉田羊)が寝室で死亡しているのが見つかり、医師・柴 平祐(大泉洋)は、死因は睡眠薬の過剰摂取と判断。しかし柴の姉・カナ(斉藤由貴)は、昨年、夫を毒殺した疑惑をかけられていた佐奈子が、夫殺害の罪にさいなまれ自殺したのでは、と推測する。

佐奈子に結婚を申し込んでいた柴の親友で村一番の富豪・黒井戸禄助(遠藤憲一)は、彼女の死に大変なショックを受ける。

黒井戸は、自宅に柴を招き、姪・黒井戸花子(松岡茉優)、義妹・黒井戸満つる(草刈民代)、秘書・冷泉茂一(寺脇康文)、旧友・蘭堂吾郎(今井朋彦)らと食事をした後、柴と二人になると、佐奈子が夫殺しの件である男に脅されていると話していた、と明かした。

そこへ、佐奈子から遺書が届き、黒井戸が一人で読みたいと言ったため、柴は屋敷を後にする。

屋敷を出たところで、復員服を着た見知らぬ男(和田正人)とすれ違った柴は不審に思いながら帰宅。

すると、黒井戸が何者かに殺害されたと黒井戸の執事・袴田(藤井隆)から電話が入る。

柴が屋敷に駆け付け袴田に聞くと、そんな電話をした覚えはないと言う。嫌な予感がした柴は、黒井戸の部屋に入ると、黒井戸が短剣で背中を刺されて死んでいた。

しばらくすると、屋敷に刑事・袖丈(佐藤二朗)が到着し、捜査が始まった。

女中頭・来仙恒子(余貴美子)が、東京にいるはずの黒井戸の義理の息子・兵藤春夫(向井理)を村で見かけた、と証言したことから、春夫に疑いがかかる。

春夫の婚約者・花子は、春夫の疑惑を晴すため、半年前に柴家の隣に引っ越してきた職業不定の不思議な男が、実は引退した名探偵・勝呂武尊(野村萬斎)だったことを思い出し、勝呂に捜査を依頼したいと、柴に相談に来る。

気乗りしない柴だったが、花子の必死の願いを受けて勝呂に捜査を依頼。

依頼を受けた勝呂は柴に、ホームズのワトソンの様に相棒としての協力をお願いする。

仕方なく勝呂と行動を共にすることにした柴。コンビとなった二人は、捜査を開始、警察や黒井戸邸を訪れる。

袖丈警部から、失踪した春夫だけでなく、あの晩黒井戸邸にいた全員が容疑者であると聞いた勝呂は、関係者全員から証言を得る。

すると、次々と不可解な事実が浮かび上がる。

そんな中、黒井戸の弁護士・鱧瀬(浅野和之)は、黒井戸親族や関係者を集め遺産相続について話し始めた。

すると、衝撃的な事実が明らかとなる。

引用・改変元:「黒井戸の殺し」公式




「黒井戸殺し」キャスト

名探偵
勝呂武尊野村萬斎


医師
柴平祐大泉洋


柴医師の姉
柴カナ斉藤由貴


未亡人
唐津佐奈子吉田羊


富豪
黒井戸禄助遠藤憲一


禄助の義理の息子
兵藤春夫向井理


禄助の姪
黒井戸花子松岡茉優


禄助の義妹
黒井戸満つる草刈民生


秘書
冷泉茂一寺脇康文


執事
袴田次郎藤井隆


女中頭
来仙恒子余貴美子


女中
本多明日香秋元才加


禄助の旧友
蘭堂吾郎今井朋彦


黒井戸の弁護士
鱧瀬浅野和之


復員服の男
和田正人


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ