加藤清史郎の相棒2回目の出演予告画像にビックリ!現在高校はどこ?

2018年3月7日放送の「相棒」に加藤清史郎くんが出演するようですね。

予告を見た人たちは、なんだかざわついているようなんです。

・こども店長がめっちゃおおきくなっててびっくらこいた!
・相棒の予告に出てた人誰かなと思ったら加藤清史郎だった
・予告見たらカッコ良くなってて素敵な俳優さんになってました
・相棒の加藤清史郎くんもすごく大人になっててびっくり

私はまだ予告を見ていないので、加藤清史郎くんがどんな風に成長しているのかが、すごく気になります!

加藤清史郎くんの「相棒」の出演は今回で2回目になるんです。

1回目の出演は、まだ小学生だったと思います。

加藤清史郎くんの相棒2回目の出演予告画像や現在高校はどこなのか紹介します。



スポンサードリンク


加藤清史郎が「相棒」予告画像

加藤清史郎くんが2018年3月7日放送の「相棒」に出演するということで、世間がざわついているようです。

というのも、「相棒」の予告を見た視聴者が「イケメンに急成長してる!」など、驚きの声を上げているんです。



加藤清史郎




加藤清史郎1



これはビックリですよね!

顔もシュッとしてかなりイケメンに成長!

世間がざわつくのも納得です。

あの加藤清史郎くんが、大きくなってます!

ついついあのと言ってしまいましたが、加藤清史郎くんって可愛い子役のイメージが強く、さらに「こども店長」としても強烈に記憶に残ってませんか?


2009年頃、トヨタ自動車のCMに「こども店長」役として出演していた加藤清史郎くん。

このCMが放映されてから加藤清史郎くんはこども店長と呼ばれることが多くなり国民的人気子役となりました。




そんな加藤清史郎くんがすっかりイケメンに成長!

もう加藤清史郎くんではなくて、加藤清史郎さんと呼んだ方がいいのかもしれませんね。



ところで、加藤清史郎さんが「相棒」に出演するのは2回目だってご存知でしたか?

以前小学生の頃に出演していたんですよ。



スポンサードリンク


「相棒」2回目の出演!

加藤清史郎さんは今回で「相棒」2回目の出演となります。

前回の出演は、2013年3月13日に放送された「相棒season11」第18話でした。

まだ11歳だった加藤清史郎さんは、行方不明となってしまう少年・隼人を演じました。

加藤清史郎4

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/aibou_11/story/18.html

なので、5年ぶりの出演となるんですね。


今回で2回目の出演となる2018年3月7日放送の「相棒16」19話のあらすじは…

ホステスの女性が自宅マンションで撲殺される事件が発生。現場検証の結果、犯人と思われる人物が、犯行後に12時間も部屋に残っていたという異様な状況が判明する。
そんな中、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は現場付近で気になる少年(加藤清史郎)を目撃。その少年は、暴力団員風の男たちから脅されていたが、何か事情があるらしく、右京たちから事情を聞かれても、のらりくらりとかわすだけで要領を得ない。
いっぽう、ホステス殺害について捜査本部は痴情のもつれの線で捜査を進めていたが、右京たちは少年が何らかの事情を知っているとみて周辺を調べる。すると、少年の素性やアリバイが、その場しのぎの嘘であることが発覚。少年は、右京たちに追究されても頑なに本当のことを話そうとせず…!?
引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0019/




加藤清史郎 現在高校はどこ?

2001年8月4日生まれの加藤清史郎さんは、現在16歳(2018年3月時点)

もう高校生なんですね。

どこの高校に通っているのか気になるところなのですが、はっきりとした情報がありません。

一番多い情報は、日出中学を卒業し日出高校にそのまま進学したのではといった情報が多いですね。

日出中学校・高等学校は、中高一貫校で芸能コースもあり、多くの著名人も卒業している学校です。


そういえば、数年前に加藤清史郎さんが中学卒業したらロンドンに留学するといったようなニュースがありましたね。

語学習得と演技の勉強のための留学だということでしたが、現在高校に進学し俳優としての活動も少しずつ増えてきているようなので、ロンドン留学の話はなしになったのかもしれませんね。

個人的には、加藤清史郎さんの日本での活躍を見ていたいですね…。


子役からイケメン俳優に成長したのは加藤清史郎さんだけではないですよ!
前田旺志郎「カルテット」に出演!高校はどこ?病気や兄についても

濱田龍臣ヒルナンデスに出演!身長止まった?子役時代の画像も紹介!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ