科捜研の女スペシャルの放送日はいつ?キャストとあらすじも紹介!

2017年10月19日(木)から科捜研の女 シーズン17がスタートします。

それに先駆けて、科捜研の女スペシャルの放送が決定しているようです。

科捜研の女スペシャルの放送日はいつなのかキャストやあらすじを紹介します。


※このドラマの「科捜研」とは、京都府警科学捜査研究所の通称です。



スポンサードリンク


「科捜研の女スペシャル」の放送日はいつ?

2017年10月15日(日)

よる9:00~

テレビ朝日にて放送




「科捜研の女スペシャル」あらすじ

取引先の女社長を殴った傷害罪で逮捕送検されていたナスダ工業副社長・那須田(黄川田将也)が、父親の葬儀に出席するための勾留執行停止中に逃亡した。マリコ(沢口靖子)らは顔認証システムを使い、逃げた那須田の行方を追う。

 一方、土門(内藤剛志)らは那須田に殴られた被害女性から話を聞こうとするが、いまだ意識不明。その後、那須田が東京にいたころ土門の妹でカウンセラーの美貴(加藤貴子)のカウンセリングを受けていたことがわかり、京都にやってくるという美貴から話を聞くことにする。

 那須田の逃亡先を絞り込みつつ、マリコは那須田に殴られた被害女性の着衣を調べ、ナスダ工業の登録品種であるシソ科の植物の種を発見する。那須田が殴った時に付着したのだろうか…?

 呂太(渡部秀)が那須田を発見した。連絡を受けた土門らは連携を取りつつ那須田を追い込んでいく。が、あと一歩のところで電車に乗って逃げられてしまうが、その直前、土門の「なぜ逃げる?」という問いかけに那須田は「逃げてるんじゃない!」と答える。逃げているのでなければ、どこへ向かおうとしているのか?そして、その目的は?

 そのころ、科捜研では被害者女性の衣服から見つかった植物の種が、ナスダ工業の登録品種のシソ科の植物と一部異なる塩基配列があることを発見した。登録品種の植物に2種類のDNAが存在するのか?新しい品種?それとも遺伝子汚染か?

 やがて美貴が京都府警に現れ、那須田に関する意外な事実を明らかにする。

 事件解決へ前進するものの、土門が予想だにしない事故に巻き込まれ…。
 那須田はなぜ逃亡し、どこへ向かおうとしているのか?暴行事件に隠された驚きの真実がマリコらの科学捜査、そして土門の執念で明らかに!?

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/kasouken17/story/special/



土門刑事の妹・美貴役を演じる加藤貴子さんは、第5シーズンの第1話から第10シーズンの第1話までレギュラーとして出演していました。

今回はカウンセラーとして久々に「科捜研の女」に帰ってきます。

「科捜研の女スペシャル」では、ドローンなどの様々な“科捜研兵器”も登場するようです。

そして土門刑事の身にシリーズ最大の危機が降りかかるようで、目が離せません。


tvasahi公式



スポンサードリンク


「科捜研の女スペシャル」キャスト

●科捜研

法医研究員
榊マリコ:沢口靖子
科捜研の名物研究員。科学捜査には信念とプライドを持っている。一度結婚していたことがあるが現在は独身。土門とは強い絆で結ばれており、互いに信頼しあっている。


科捜研所長・文書鑑定担当
日野和正:斉藤 暁
もともと警視庁科捜研におり、京都府警からの要請で異動してきた。妻子は東京在住で京都に単身赴任中。見かけはいい加減だが、意外に正義感も強く、情にもろい。


化学担当
宇佐見裕也:風間トオル
狭き門の採用試験に合格し、中途採用された。以前は国立航空科学研究所の技官として、航空及び空港テロに備えた爆発物および化学兵器の防犯・研究をしていた。気象や海洋など航空安全に関わる知識も豊富。マリコのよきアドバイザー。


物理担当
橋口呂太:渡部 秀
前シーズンから科捜研に加入。敬語が使えず、誰に対しても「タメ口」を利くなど、社会常識に欠ける部分もあり、日野所長や亜美によく注意される。その一方で、マリコに“ムチャぶり”された大量の鑑定を徹夜でやり遂げる根性もある。


映像データ担当
涌田亜美:山本ひかる
童顔で飾り気のない風貌で、まったく女性らしさを感じさせないキャラクター。空気の読めないタイプ。見た目と違いデジタルスキルは高く、映像関連のデータ分析や解析能力も並はずれている。



●刑事部

捜査一課の刑事(警部補)
土門 薫:内藤剛志
団体行動が苦手。上司からの指示を待たずにマリコと共に捜査に走り、藤倉刑事部長から苦言を呈されることが多いがやり方を変える気はない。妻とは死別。かつての部下の殉職に責任を感じ続けている。


捜査一課の若手刑事
蒲原勇樹:石井一彰
以前は組織犯罪対策課におり、強引な捜査手法で知られる落合佐妃子警部補に心酔していたが、マリコや土門と捜査を共にするうち、真の正義について考えるようになった。刑事としては優秀だが、子どものいたずらに引っかかってしまうなど素直な一面も。


法医学教室の教授
風丘早月:若村麻由美
マリコとは正反対で、のんきで陽気な性格。マリコと同世代ということもあり、仕事以外でも、何かと相談に乗っている。仕事に関しては、マリコとよいパートナーで結ばれている。一男一女の母。


刑事部長
藤倉甚一:金田明夫
以前は鑑識畑ひと筋、筋金入りの現場第一主義の鑑識員だった。頑固で、曲がったことが嫌い。人に媚びたり、愛嬌を振りまいたりなどは絶対にしない。科捜研はあくまで裏方であるべきと考え、捜査に過度に介入するマリコの行動を厳しかったが、最近は理解を示しつつある。


本部長
佐伯志信:西田 健
事なかれ主義で、波風を立てることをよしとしない。何よりも警察の面子にこだわり、その徹底ぶりがコミカルに見えることすらある。



カウンセラー
土門美貴:加藤貴子
土門刑事の妹。那須田が東京にいたころ那須田のカウンセリングをしていた過去がわかり、捜査に参加。


ナスダ工業副社長
那須田:黄川田将也
取引先の女社長を殴った傷害罪で逮捕送検されていたが、父親の葬儀に出席するための勾留執行停止中に逃亡。


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ