蚊の対策にはハーブが効果抜群!庭にも部屋にも赤ちゃんにも安心!

蚊 対策

毎年夏になると蚊にさされないようにと、必死になりませんか?

ちょっと庭に出るだけなのに、虫除けスプレーを吹き付けたり長袖を着たりともう大変です。

子ども達は、気付いた時にはたくさん刺されていてビックリしてしまいます。

吊るすタイプの虫除けもありますが庭や窓辺にたくさん吊るすのもちょっと…

化学薬品を使った虫除けは、毎年新製品が発売されて迷ってしまうくらい品数が豊富なのですが、小さな子どもには何だか心配です。

そこで、体にも優しい蚊に効果があると言われているハーブを紹介します。

参考になれば幸いです。



スポンサードリンク


蚊の対策にオススメのハーブはこれ!

ゼラニウム

ゼラニウムは虫除けのために植えられ、普及している植物です。

中でも蚊の嫌がる香りを発し、効果があると言われている品種は「ローズゼラニウム」です。

蚊 対策 ハーブ

日本では「蚊連草(カレンソウ)」とか、「蚊除け草」という商品名で売られています。

「網戸」があまり普及していないヨーロッパでは、このゼラニウムの香りが網戸代わりになっているんですよ。

蚊の嫌がる香りといっても、人間にとってはさわやかな香りなので心配いりません。

ゼラニウムは簡単に増やすことが出来るので、庭で大きくたくさん育てると虫除け効果が期待できそうです。




レモングラス

蚊 対策 ハーブ 赤ちゃん

レモンに似たさわやかな香りのハーブです。

トムヤムクンやカレーなどに使われていて、とても身近なハーブです。

レモングラスのニオイには「シトラール」という蚊が嫌いな成分を含んでいるのが確認されていて、虫除け効果が期待されます。

レモングラスの葉をクローゼットに入れておくのもいいそうですよ。

さわやかな香りもリフレッシュ効果があっていいですね。

レモングラスは高温多湿な環境を好むハーブです。

もともと熱帯の植物のため寒さには弱く、冬は室内に入れて管理します。



スポンサードリンク


バジル

蚊 対策 ハーブ 庭

ハーブ料理でお馴染みのバジルですが、実はいろいろな効能が知られていて古代ギリシャでは「王家の薬草」として薬などに利用されていました。

そんなバジルの香りの成分には「シネオール」という蚊が嫌がる成分が含まれているため、虫除け効果が期待されています。

近年ではガン予防の働きもあることがわかってきたのだそうです。

日がよく当たる場所を好み、1日1回たっぷりとお水をあげましょう。




ペパーミント

蚊 対策 ハーブ 部屋

ハーブティーなどに使われているお馴染みのペパーミント。

あのさわやかな香りは心身をリラックスさせてくれます。

そんなペパーミントには「防虫作用」はもちろんですが「消臭作用」、「殺菌作用」もあり優れもののハーブです。

乾燥を嫌うペパーミントですが、とても生命力が強いため他の花一を駆逐してしまうので注意してください。




蚊を発生させないことが1番の対策

紹介したハーブの蚊の対策以外にも、市販品の蚊の対策グッズはたくさん売られていますが、まずは蚊を発生させないことに努めましょう。

メスの蚊は、流れていない水があればどんなところにでも産卵します。

空き缶、空き瓶、使っていないジョウロ、積み重ねている受け皿等など、ほんの少し水があれば産卵します。

なので水たまりを作らないことが重要です。

さらに、空気の流れていない場所ジメジメした場所も要注意です。

植木のある庭なら 剪定して風通しと日当たりをよくしましょう。

メス蚊が水を好むということで、夏場は水やりを極力控えたり、花を諦めている家庭もあるようですよ。

蚊を発生させないように、家周りをチェックすることも蚊の対策の1つですね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ