雛人形の疑問!誰が買うのか飾る日はいつ?処分や供養の仕方まで!

3月3日のひな祭り。

女の子が誕生すると、おじいちゃんおばあちゃんは「雛人形」を準備をしなくちゃと嬉しそうに話しています。

女の子の健やかな成長を願い、災いから守ってくれる「雛人形」ですが、いろいろな疑問がわいてきませんか?

そこで雛人形に関する素朴な疑問にお答えします。

「雛人形」って誰が買うのか、飾る日はいつなのか?処分や供養の仕方まで紹介します。



スポンサードリンク


初節句の「雛人形」って誰が買うの?



女の子が誕生すると嫁の親が「雛人形」を買うというのが昔から一般的に言われてきたことです。

しかし最近では変わりつつあるようですね。

「雛人形」って一体誰が買うものなのかちょっと調べてみました。


初節句の女の子の雛人形はどちらの親が買うのがしきたり?




「雛人形」の飾る時期っていつなの?



毎年のことながら、「雛人形」をいつ飾ろうかと考えてしまいませんか?

年が明けてお正月も終わり、節分が終わると何だかソワソワしてきます。

毎年お天気と相談しながら飾っていましたが、飾る時期って決まっているものなのでしょうか?

「雛人形」の飾る時期っていつなのかちょっと調べてみました。


お雛様を飾る時期って友引・仏滅よりも大安が良い?




「雛人形」の処分の仕方、供養の方法



誕生した時から毎年女の子の成長を見守り続けてきた「雛人形」。

悲しい話ですが、いずれ「雛人形」の処分や供養について考える時期がきてしまいます。

長い間お世話になった「雛人形」の処分の仕方や時期について、供養するのはいつがいいのかをお届けします。


雛人形の処分の仕方や時期は?供養するのはいつがいい?

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ