初節句のお返し!時期やのしの書き方、両親への品物はこれ!

女の子は3月3日、男の子は5月5の初節句にお祝いをするのですが、初節句のお祝いをいただいた場合お返しって必要なのでしょうか?

初節句のお返しの時期やのしの書き方、両親へのお返しの品物はどんなものがいいのかちょっと調べてみました。



スポンサードリンク


初節句のお返しは必要なの?



女の子、男の子の初節句にお祝いをいただいた場合、お返しをするのが当たり前だと思っていたんですが、基本的には 初節句のお返しはしなくていい のだそうです。


というのも、初節句のお祝いのお返しというのはお祝いの席に招待したことがお返しになるのだそうです。

なので、初節句にはお祝いの席を設けて、お祝いをくださった方を招待しましょう!


しかし招待したくても遠方の方や、都合で来られない方もいらっしゃいます。

でも、お祝いをいただいたのだから何かお返しを…と思ってしまいます。

でしたら「内祝」としてお返しをするのがいいですよ!




初節句のお返しの時期はいつ?



初節句のお返しは、いただいた金額・品物の 1/3~半額 が目安となっているようです。

なので金額に見合ったお返しを用意されたらいいと思いますよ。


お返しの時期ですが お祝いの日から1週間以内 が基本となっています。


遅くても、

女の子の桃の節句の場合には3月中

男の子の端午の節句の場合には5月中

にお返ししましょう。




初節句のお返し!のしの書き方



初節句のお返し(内祝)には「紅白の蝶結び」のし紙を使います。

【紅白の蝶結び】
初節句  のし お祝い お返し



表書きの上段「内祝」「初節句内祝」

下段赤ちゃんの名前(姓は入れない)





似たような水引に「結び切り」という水引があるので気を付けてくださいね。

【結び切り】
初節句 お返し 時期 のし 

こちらも紅白の水引で、お祝いごとに使う水引です。

しかし「繰り返すことのないように」「今回一度で終わる」という意味を持つ水引で、お見舞い結婚式などで使う水引です。

間違えないように気を付けましょう!



スポンサードリンク





初節句のお返し!両親への品物はこれ!



お祝いの席に招待した場合にはお返しの必要はないのですが、両親からは高額なお祝いをいただきます。

そうなると、お祝いに招待しただけではちょっと…何かお返しの品物もしたいと考えてしまいますよね。

そこで両親へのお返しにおすすめなのがこちら!










お祝いにいただいた節句飾りと一緒に撮った子供の写真です。

両親にとって孫との写真は何より一番嬉しいお返しだと思います。

フォトフレームに入れて贈ると喜んでくれると思いますよ。




その他、親戚や友人へのお返しは、お菓子・コーヒー・洗剤・タオルなどがおすすめです。
















まとめ



一生に一度の初節句。

お返しの品物もお祝いをしてくださった方への感謝の気持ちを忘れずに、選びたいものですね。

お返しの時期やのし紙の基本マナーを確認して失礼のないように気を付けましょう。


【関連記事】

初節句の女の子のお祝い!料理や衣装はどうするの?

初節句の男の子!お祝いの食事や場所、服装ついて

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ