ビジョントレーニングの教材無料プリント紹介!やり方・方法と効果!

ビジョントレーニングってご存知ですか?

ボクシングの村田諒太選手がビジョントレーニングを行っていたことで話題になっているようです。

個人的にも、かなり視力が悪いですし、毎日パソコンに向かっているので普段から目には関心があるんです。

なので、「ビジョントレーニング」とは一体どんなものなのか、教材無料プリントの紹介や効果はあるのか、やり方はどんな方法なのか調べてみました。



スポンサードリンク


ビジョントレーニングとは?

ビジョントレーニング

まずは、ビジョントレーニングとは、一体何なのか…。

調べてみたところ、眼が本来持っている力を向上させるトレーニングのこと なんだそうです。

この「眼が本来持っている力」というのは、


・自由自在に目を動かすこと

・目で見た情報を正しく脳で処理すること

・情報に合わせて体の動きを調節したりすること



もう少し具体的に言うと、

・メールを打つときにたくさんの変換候補の中から、パッと目標の物を見つけること

・一部分しか見えていない物を、隠れた部分が何かをちゃんと判断すること

・相手の動きを見てすばやく判断すること など

これらの機能を高めるのが、ビジョントレーニングです。


ビジョントレーニングは欧米では80年近くの歴史があります。

アメリカ空軍の訓練・注意欠陥多動性障害(ADHD)の子供の改善・スポーツ選手の動体視力や立体視などの能力開発のためのトレーニングなどに用いられているのだそうです。


村田諒太選手が取り入れていたことが話題になっていたので、スポーツ選手のトレーニングに用いるものかと思っていたのですが、「見る力」に問題があることによって困っている子供たちも多いのだそうです。

本を読むことが苦手・板書をノートにとることが苦手・漢字がなかなか覚えられない・人の顔をなかなか覚えられないなどなど、たくさんの困り事を抱えている子供たちのトレーニングにも用いられているのだそうです。


てっきり、視力を良くするトレーニングだとばかり思っていたのですが、どうやら違うようでした。



スポンサードリンク


ビジョントレーニングやり方・方法 教材無料プリント

ビジョントレーニング1

ビジョントレーニングのやり方・方法にもいろいろありますが、簡単なものでは指を使ったものやテキストがあります。

●指を使ったもの

・円を描くように指先を動かして顔を動かさずに眼だけで追いかける。

・腕を前にのばして40~50センチ程度開き、左右の指先を交互に見る。

ビジョントレーニング体操


このような動作を繰り返すだけでも眼球の動きが滑らかになり、立体視能力や奥行き認識能力が鍛えられるようです。



子供用ですが、無料のプリントや本などもたくさんあるんですね。

教材無料プリント





村田諒太選手の場合だと、光る点を指でタッチしていく器具を使う「ビジョントレーニング」を導入し、後に約100万円の装置を自宅にも設置して、目を鍛えてきたのだそうです。

様々な方法があるんですね…。




ビジョントレーニング効果について

ビジョントレーニング2

気になるのが、ビジョントレーニングの効果ですよね。

こちらも村田諒太選手を例に上げると…

村田諒太選手は主に、精神面に変化があったそうです。

力んでいるかいないか、要するに、緊張しているかどうかが感覚的にわかるようになったのだそうです。

しかも視力を改善させるトレーニングではないはずなのに、視力が1.0から2.0になったのだとか。



さらに元ボクシング王者の飯田覚士さんも現役時代ビジョントレーニングを取り入れていたそうです。

その結果、


・パンチがよけやすくなった
・相手の動きが読めるようになった
・視野も広がったため相手の頭からつま先まで体全体が見えるようになった
・ほんのちょっとしたパンチの打ち出しの動きで、フックなのかストレートなのか読めた
・相手がストレートを振ってきたらギリギリでよけて、すぐに打ち返しの構えをしていた


などの変化があったそうです。



さらに、困りごとが多かった子供たちはビジョントレーニングを続けることによって…


・定規を上手に使えるようになり、点と点とをつなげることが出来るようになった
・字の大きさが揃うようになった
・枠からはみ出さずに線が引けるようになった


このような改善がみられたようです。




まとめ

村田諒太選手が取り入れたということで、ビジョントレーニングが注目されているようです。

ビジョントレーニングは欧米では80年近くの歴史があり、

・アメリカ空軍の訓練
・注意欠陥多動性障害(ADHD)の子供の改善
・スポーツ選手の動体視力や立体視などの能力開発

に用いられているトレーニングです。

やり方・方法も指を使って簡単に出来る方法から、本格的な器具を使った方法まで様々あるようです。


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ