ベッキーの10/9放送ワイドナショーのコメント内容詳細!ほのかりん騒動は

10月9日放送の「ワイドナショー」にベッキーが出演することがわかりました。

その日のワイドナショーでは川谷絵音の活動休止が取り上げられる予定で、ベッキーはコメンテーターとして出演。

川谷絵音との不倫騒動でレギュラー番組やCMなどを降板したベッキーがどんなコメントをするのか気になるところです。

10/9放送の「ワイドナショー」でのベッキーのコメント内容を紹介します。

スポンサードリンク


ベッキーが10/9放送「ワイドナショー」に出演!

10月9日放送の「ワイドナショー」にベッキーがコメンテーターとして出演します。

ベッキーも少しづつ仕事を増やしていってるんだな…落ち着いてきたんだな…と思っていたところ、10月9日放送の「ワイドナショー」ではゲスの極み乙女の川谷絵音さんの活動休止についての話題が取り上げられるんです。

川谷絵音さんとの不倫騒動でテレビのレギュラー番組やCMを休止・降板してしまったベッキーがコメンテーターだなんて…きっと心中穏やかではないはずです。

10月9日放送の「ワイドナショー」に出演したベッキーのコメント内容を紹介していきます。

「何でも答えます!」と言っていたベッキーのコメント内容に注目です!


10/9放送「ワイドナショー」でのベッキーのコメント内容

ゲスの極み乙女の川谷絵音さんが12月ツアー終了で活動休止を発表しました。

現在交際中のタレント・ほのかりんが未成年と知りながら一緒に飲酒をしていたことが発覚し、ほのかりんは出演予定だった舞台とテレビを降板とのこと。



「川谷絵音さんと付き合った2人が活動休止となってしまったことは芸能界史上そんなにあることではない」と番組情報通の女性が発言すると、「ある意味専門家でもあるからなぁ」と笑いを誘いながらベッキーにコメントを要求した松本人志さん。

ベッキー
「1月に私との騒動があって世間の皆様から厳しい声を私も川谷さんもいただいて、世間の厳しい目がある中で、お互い活動したり生活したりしてたんですけど、こういった中でこういう行動を取ってしまったっていうのは、未然に防げたことではないかなぁと思います。」



続いて「ベッキーさんが川谷さんが結婚してるって知ったのは後なの?」とのMC東野幸治さんの質問に対して「はい。」と答えたベッキー。

東野「それだけ魅力的な人なんだ、川谷さんって人は」

ベッキー「ファンだったので私は…はい…」

松本「CDとかituneのダウンロードしてたのは今どうなってるの?」

ベッキー「えっと… 」

言葉につまったベッキーに対し東野幸治さんが「それは番組の最後に…」と遮ったことで、この話は終わってしまいました。



次に、松本人志さんがほのかりんの騒動に対して、タレントとして自分で飲酒を断ることが大切と言いつつ、「“ほのかりん” という名前が酔っている名前ですからねぇ、酒気帯びみたいな名前ですから」との発言で、ベッキーは一緒に笑って 緊張がとけたようでした。

ほのかりんの騒動に関して、松ちゃんは 「ついてなかったかバチが当たったというか、もしかしたらサンミュージックの刺客なのかも」と
冗談を交えながらのコメント。

ベッキー「それはないと思います」

ヒロミ「ベッキー、ツッコむ時は明るくツッコんでいいから。自粛系のツッコミはいらないから」

と言われ場の雰囲気が明るくなる。



東野「週刊文春で最初のインパクトというか記事に出るぞって言われた時は?」

ベッキー「まぁ 動揺しましたね、かなり。」

東野「この世界、やめようと思ったことはないの?」

ベッキー
「今回の報道でですか?いや、やめたほうがいいのかなぁとか もちろんちょっとはよぎりましたけど でもやっぱりこの世界でお仕事させていただきたいなという気持ちも大きかったです」

東野「ワイドショーとかで連日ニュースになっている時は家でテレビとか見てましたか?」

ベッキー
「報道直後は私も動揺してしまって シャットアウトしてしまったんですけど なんか芸能界の先輩にそれは反省になっていないと言われて ちゃんと見なさいと言われて あっ ちゃんと見よう ちゃんとすべてを受け止めないとと思って見ました」

東野「はげますコメントもあったけど 腹立つコメントもあったでしょ?」

ベッキー「腹立つと言うよりは傷つくというか グサッとささるのはもちろんありました たくさん」



東野「ベッキーのお父さん お母さんはどんな感じだったの?」

ベッキー「う~ん まぁ 厳しい言葉もありつつ 支えるから、家族だから という言葉をもらいました」



後悔とか、あの時こうしておけばよかったな というようなことはありますか?という質問に、

ベッキー「もちろんあります。 ブレーキかけられるポイントはたくさんあったので」



ベッキー「私、東野さんが西の方の番組で私のラインを朗読したという…それは私は覚えています」

「東野は、こういうやつなんですよ!」と松ちゃん。

東野「ほんとにごめんなさい。今度ご飯おごるから許してください」

べッキー「ゆっくり考えさせてください」と笑顔で前半終了。



注:当時流出したラインでのベッキーの言葉のセンスに注目が集まったこともあり、それが話題に拍車をかけたという話のときに否定せず苦笑いをしていたベッキー。

あのラインは本物やはり本物だったと思われます。
どこで流出したのかは謎ですが…。



この後出演者から「ベッキーに聞きたいこと」として質問コーナーがありました。


スポンサードリンク


ベッキーの今後のレギュラー番組復帰は?

ベッキー
「復帰したい気持ちはあります。私にはわからない世界というか、番組の周りの環境とかもあるのでとりあえず待つというしか私には出来ないですかねぇ。いつかはもどりたいです。」



ラジオのレギュラーが始まって「こんな私に人生相談」という自虐的な感じについてはご自身はどうですか?

ベッキー
「あれはスタッフさんに考えていただいてやったんですけど、一番いいタイトルだなと思いました。ぜんぜん違和感もないですし」



私生活で今だにマスコミに追われることについては?

ベッキー
「それはしょうがないと思うのと、あと2016年9月8日発売の女性セブンの一人ラーメンの時は実はもう髪が短くて、ウィッグなんです。なので、髪切ったのがバレなくてよかったです。」



当時の記者会見で質問を一切受けないというスタイルは苦しいものはありましたか?

ベッキー
「う~ん、事務所のみなさんと話あってそういうスタイルとなったので申し訳ない気持ちはありました、もちろん。」



心が折れそうになったときに、支えられた一言や大事にした言葉とかありますか?

ベッキー
「そうですねぇ。いっぱいあったなぁ。大丈夫だとか、ブレるなよとか、落ちるだけ落ちたらあとは上がるだけだとか 色んな言葉をいただきましたね。」



新しい恋愛は?

ベッキー
「いいえ、全然。恋愛はしませんとかそれはないですけど。周りも応援してくれる恋愛もしたいですね。」



女優業への転身はあるのか?

ベッキー
「ないです。私はやっぱりバラエティーが大好きですし…タレントの私がたまにお芝居をさせていただくということはありますが、女優に転身とかはないです。」


まとめ

5/13放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演をきっかけに仕事復帰を期待していたのですが、いまいちパッとしなかったベッキー。

9月末に背中ヌードを披露、「Girls Award」に登場、ラジオのレギュラー番組も決まったベッキー。

これから徐々に仕事が増えていきそうですね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ