相棒16はいつから?放送日とキャスト最新情報!米沢復活か!

いよいよドラマ「相棒16」がスタートします。

毎回、新シーズンが始まる前には右京さんの相棒は誰なのか!?話題に上がります。

2017年10月にスタートする「相棒16」の右京さんの相棒は誰なのか、放送はいつからなのか、放送日とキャストの最新情報、鑑識の米沢さんの復活はあるのかお届けします。



スポンサードリンク


「相棒16」の放送日はいつから?

「相棒16」
2017年10月スタート 毎週水曜よる9:00~

テレビ朝日系にて放送




「相棒16」キャスト

まず身になるのは杉下右京(水谷豊)の相棒は誰なのか!?ですよね…。

「相棒16」で右京さんの相棒を務めるのは、冠城亘(反町隆史)です。

杉下右京と冠城亘のコンビは、3年目にもなるんですよ。

「相棒14」で反町隆史さん演じる冠城亘が初登場。もともと反町隆史さんの出演は1シーズンだけの予定だったのですが、「相棒15」も続投。さらに今シーズン「相棒16」でも登場。

右京・亘コンビは3年目を迎えます。


関連記事
濱田岳「相棒16」で5代目に!?理由と仲間由紀恵、反町隆史はどうなる?



そして気になるのは、その他のおなじみのキャスト陣ですよね。

安心してください。おなじみの人気キャスト陣は登場しますよ。


特命係・警部
杉谷右京:水谷豊
警察庁キャリアで、超人的な推理力と洞察力の持ち主。切れモノ過ぎるゆえに上層部からにらまれ、特命係という閑職に追いやられてしまうが、度々事件に首を突っ込み、事件解決に挑む。


特命係・巡査
冠城亘:反町隆史
元々は警視庁に出向してきた法務省のキャリア官僚。捜査にのめり込み過ぎたため、法務省を事実上クビとなり、警視庁に飛ばされ広報課に配属。日下部から美彌子の周辺を探るよう指示されたことから、彼女と距離を置こうと考え、美彌子に異動願いを打診。かねてから希望していた特命係への異動が実現した。


刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
伊丹憲一:川原和久
事あるごとに捜査に首を突っ込んでくる「特命係」を疎ましく思っている。正義感が強く上司からの理不尽な命令には反旗を翻す熱血漢。しかし、仕事人間のためプライベートは寂しい独身。


刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
芹沢慶二:山中崇史
普段は先輩である伊丹を立てているが、調子のいい性格から余計な事を口にし、伊丹の機嫌を損ねることも。伊丹と違い、「特命係」の能力を認めており、場合によっては捜査情報を提供するなど、協力することも。


組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
角田六郎:山西惇
数少ない「特命係」の理解者で、「ヒマかっ?」と言いながらフラリと現れ、コーヒーを飲みながら右京たちと雑談を交わす。その会話の中で発した何気ない一言が、事件解決の重要なヒントになることも。


花の里・二代目女将
月本幸子:鈴木杏樹
かつて、夫の復讐のために殺人未遂を犯し、右京に逮捕されるが、模範囚として刑期を終えて出所。右京の勧めで「花の里」の女将となる。



スポンサードリンク


刑事部長・警視長
内村完爾:片桐竜次
捜査一課をはじめとする刑事部をまとめる責任者。特命係の存在を苦々しく思っており、「特命係に捜査権はない!」と右京たちの行動に待ったをかける。それでも、刑事部に先んじて事件を解決されてしまうため、ストレスはたまる一方。


刑事部参事官・警視正
中園照生:小野了
内村刑事部長の腰巾着的な存在。刑事部の事件に首を突っ込んでくる特命係の動きをけん制し、捜査から排除しようとする。内心では特命係の能力を認めており、最近は横暴な内村の言動に反発するようなそぶりも見せる。


警察庁長官官房付
甲斐峯秋:石坂浩二
以前は警察庁No.2である次長の職にあったが、特命係に所属していた息子の享(成宮寛貴)が起こした連続傷害事件を受け、警察庁長官官房付のポストに事実上降格される。それでも警察内での影響力は依然として大きく、復権を狙っている。右京のことは「危険人物」と評しながらも、その能力の高さを認めている。


警視庁副総監・警視監
衣笠藤治:大杉漣
警視庁サイバーセキュリティ対策本部の発足に携わった人物。峯秋とも面識があり、警察組織内の力関係をめぐって互いをけん制し合う間柄。また、青木の父とは竹馬の友で、青木の採用にも力を貸した。


法務事務次官
日下部彌彦:榎木孝明
右京を敵視する法務省のキャリア官僚。元部下である亘の優秀さを買っていて、警視庁に籍を移してからも目を掛けている。


警務部 首席監察官・警視正
大河内春樹:神保悟志
警視庁の内部で警察官の不正を捜査する監察官。ルールを無視する特命係にも目を光らせているが、右京の能力には一目置いており、密かに上層部の判断を知らせて危険を回避させることもある。ラムネが小さいころの好物。


総務部広報課 課長
社美彌子:仲間由紀恵
警察庁のキャリア官僚として内閣情報調査室に出向していたが、現在は警視庁への出向という形で広報課長に就任。アメリカに亡命したロシア人スパイと深い関係があるとみられ、公安調査庁からも極秘裏にマークされている。私生活では一人娘を持つシングルマザー。亘が自分の周囲を調べるよう命じられていることを知り、亘が希望する特命係への異動を峯秋に働きかけた。


サイバーセキュリティ対策本部・特別捜査官
青木年男:浅利陽介
役所に勤める公務員だったが、コンピューターの専門的な知識とコネにより特別捜査官として採用される。亘とは警察学校の同期。元々は極度の警察嫌いで、以前、右京と亘にハメられたことを相当根に持っていて、右京のチェス相手として特命係に出入りしては、機密情報を故意に漏らし、右京と亘の反応を試すなど不穏な動きをみせる。


鑑識課・巡査部長
益子桑栄:田中隆三
無愛想だが鑑識の腕は確かな職人気質の人物。作業中は現場に鑑識課員以外がいることや余計な口を出されることを嫌い、捜査一課の刑事であろうと邪険に追い払う。同期の伊丹とは気の置けない関係で、大々的に鑑識を動員できない非常事態の際などに融通を利かせてくれる。




「相棒16」米沢復活か

「相棒14」までレギュラー出演していた六角精児さん演じる鑑識課の米沢守

個性的なキャラクターで杉下右京の裏の相棒ともいえる、鑑識の米沢さんが「相棒14」で降板してしまったのは驚きました。

「相棒15」では第13話、第14話に出演。

2017年10月スタートの「相棒16」での米沢さんの復活に期待したいところですが、米沢さん復活の情報は残念ながらありませんね。

せめて、「相棒15」の時のように、ゲスト出演してもらいたいものです。


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ