18歳成人で変わること・変わらないことは何?実施はいつから?

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が、2018年6月13日の参院本会議で、与党などの賛成多数により可決、成立しました。

今まで20歳から成人だったものが、18歳から成人に…。

大丈夫なのでしょうか?

その前に、18歳で成人となって今までと変わること・変わらないことはなんなのか、そしていつから実施されるのか調べてみました。



スポンサードリンク


18歳成人で変わること

・クレジットカードやローン、携帯電話など親の同意なしに契約できる

・民事裁判を一人で起こせる

・有効期限10年のパスポートの取得

・国籍の選択

・水先人を養成する講師になれる
(水先人…船舶を安全かつ効率的に導く専門家のこと)

・社会福祉主事になれる
(社会福祉主事…都道府県、市及び福祉事務所を設置する町村に置かれる職)

・性同一障害などでの性別変更の申し立て

・医師免許や司法書士資格などの取得

・女性が結婚できる年齢16歳から18歳に

などが変わるようです。




変わらないこと

・飲酒

・喫煙

・公営ギャンブル(馬券、車券、船券など)

・養子をとることができる

などは変わらず、20歳以上からです。




実施はいつから?

2022年4月1日から



20歳が成人と決められたのは、1876(明治9)年のことだったそうです。

現在まで約140年もの間、20歳で成人とされてきましたが、今回18歳で成人となれば日本の歴史の大きな見直しですとなりますね。

国民に浸透するまで時間がかかりそうですね。


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ